toyotires
 


2011年06月22日

リーフで越後湯沢に行きましょう!

プリウスαの実力チェックのため、都内から少しだけ遠出して、新潟県の湯沢まで出かけてみた。例の休日高速割引(1000円)最後の日を狙ってのこと。

ふらりと湯沢の町を流していて発見したのが、なんと、ローカルに良くある「お米の精米スタンド風」の急速充電スタンド。

Prius2

ここは、DIYショップ「コメリ・ホームセンター湯沢店」の駐車場だ。今年の3月にオープンした、新潟県の商業施設としては始めての、急速充電器である。

利用料金は、空になった状態から30分かかるフル充電(実際には80%だが)で525円(消費税込み)。利用時間は9時から20時までとなっている。

Prius
こうした急速充電器は日産リーフ、三菱アイ・ミーブの急速充電ができる設備だ。もし、これから発売のプリウスPHVに乗っていたとすれば、こうしたスタンドは使えない。プリウスPHVやテスラでは急速充電器は使えないのだ。使えるのは100ボルトか200ボルトの普通充電。コンセントをつけるのは簡単だから、急速充電器設備に、普通充電のコンセントも増設して欲しい。

Prius3
都内からリーフを乗り出して、電費エコ運転すると150km程度は走れる。都心〜湯沢まで、関越自動車道を使うと約170km。都内〜湯沢間を無充電で一気に走るのはスリリングだけど、何とか射程距離かなー。湯沢スキー場好きの国沢光宏さん、緑濃い、初夏の越後湯沢温泉もいいでっせ。魚沼産のお米もうまいし。今度チャレンジしてみませんか。(XaCAR編集部・城市)
posted by polishfactory5 at 23:17| Comment(0) | オピニオンボイス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。