toyotires
 


2011年12月11日

スズキの電気バイク

スズキは東京モーターショーに出展されている『eレッツ』という電気スクーターを来年1月9日から発売するという。価格は31万2900円(3万円の補助金が出るため実質的に28万2900円)。自転車的なヤマハ『EC−03』の25万2千円より高いものの、本格的なスクーターである。果たしていかに?

この手の乗り物が売れるかどうかはコストパフォーマンスで決まる。エンジン付きレッツがリッター40km走るとした場合、1万km毎のガソリン代は3万6千円。バイクの寿命を4万kmとすれば、14万4千円分のガソリンを使う。レッツの車両価格と合わせれば27万8千円。eレッツ+電気代より安く付く。

したがってeレッツの価格設定だと、なかなか厳しいかもしれない。電気自動車なら10万kmという走行距離を考えた価格設定が出来る。原付バイクの平均的な使い方なら5万kmも走らないだろう(逆に5万km以上乗る人ならモト取れます)。やはり25万円を下回ったあたりから実需出てくると考えます。

安くなければ「趣味性」というスパイスを加えないと難しいだろう。例えば「いかにも電気バイク」と感じさえるようなデザインとか、飲食店や商店の店頭に駐めておくとアクセントになるセンスの良さを持たせるとか‥‥。ヤマハ『もえぎ』の電気バイク版など作ったら売れるんじゃなかろうか。(国沢光宏)

posted by polishfactory5 at 08:16| Comment(2) | ECO用品
この記事へのコメント
昨日モーターショーで試乗しました
加速はエンジンより速く感じました
でも価格がね
Posted by at 2011年12月11日 11:29
ヤマハのもスズキのもモーターショーで見てきました。
全くワクワクしませんでした。

その一方でホンダのRCEはいいですね。
これが走ったらどうなるんだろう???
やはり競争用ってのは見ていてワクワクします。
HRCがこれでマン島TTの電動バイククラスにエントリーしたらいいのに…と思います。
Posted by さっとん。 at 2011年12月12日 15:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。