toyotires
 


2011年12月17日

電気自動車減速?

日産はポルトガルに建設する予定だった電気自動車用の電池工場の工場を凍結した。理由は2つあると考える。まず欧州経済の混乱。このところユーロ危機についての報道が下火になっているけれど、まったく収束していない。ばかりか、底の深さも見え始めており、無事じゃすまなくなってきた感じ。いくつかの国は本来ならユーロを通貨として使えない状況にある。

すでに欧州経済は大きな影響を受け始めており、ドイツやフランスの自動車メーカーも減産を余儀なくされてます。おそらく来年は景気や自動車販売台数が一段と減速するかもしれない。モロに波を被るのは国の補助金無しじゃ離陸できない電気自動車。日産としちゃこのあたりを考えているのだろう。ポルトガルという国の財政状態だって予断を許さない状態ですから。

二つ目がリーフの販売台数。11月のアメリカに於ける販売台数を調べてみたら、672台。すでにフル生産出来る体制ながら、先月より20,8%もダウン。今年の販売台数で8720台。2万台を予約を受けたことを考えると、大量のキャンセルが出たということだろう。200V電源の工事代半額や超低金利ローンを打ち出している日本だって、思うように伸びていない。

2011年度の生産計画台数は5万台。おそらく2011年の世界販売台数は2万台に届かないだろう。2011年1月〜3月までの3ヶ月間で3万台売ることなど不可能。2012年度も明るい材料が無い。現在の主力工場である座間事業所と、来年から稼働の米スマーナ工場、英サンダーランド工場、仏フラン工場の稼働率を確保するのが精一杯だと思われる。

じゃ電気自動車の将来は無いかと言えば、そんなこと全くない。日産の販売戦略や、リーフのデザインがあまりに酷いためだと思う。特にデザインについちゃ世界的に不評。目が覚めるようなデザインだったら(デザインにバリューを持たせられれば)、全く話は違ってきていたことだろう。中村史郎さんにお会いできる機会があったらリーフのデザイン評を真剣に聞いてみたい。

リーフのスタイルを少しでも良く見えるよう「お化粧」を考えている。5万円程度のステッカーでカッコよくならないか、ということ。女性だってお化粧で見違えます。クルマもずいぶん違うんじゃなかろうか。幸い私のリーフはパールなので、イメージを大きく変えられそう。イメージを変えられるかお楽しみに。(国沢光宏)
posted by polishfactory5 at 12:17| Comment(16) | 電気自動車
この記事へのコメント
リーフ不振のようですが原因のひとつは、国沢さん指摘のカッコ悪いこと。カッコ悪いだけでなく、EV専用ボディなのにEVらしさがまったくありません。

imievのほうがガソリン車と共用ボディなのにステッカーや塗装でEVらしさが、リーフを上回っています。

カッコ悪さ意外にリーフ不振の原因は、リーフの完成度がよすぎることが裏目になっていると思います。運転していても、スムーズで静かなのに速い。感動も興奮もまったくない優等生で面白くないのです。

初代プリウスはクセがあって乗りにくいけどモーターで発進するだけで興奮しました。カローラより安っぽい内装でも、初のハイブリッドが200万円で買えることが支持されました。

リーフは高級路線に行き過ぎたと思います。ノート級のレベル車格にしてリーフより50万円安く、さらに一目でEVをアピールするカッコいいデザインだったらもっと売れたと思います。
Posted by リーフ at 2011年12月17日 17:56
リーフのデザインは日産が失敗し続けてきた
尻下がりデザインそのまんま‼
学習能力無いとしかいい様ありません(>_<)
Posted by 小川敏正 at 2011年12月17日 18:24
リーフを見た瞬間、
次期モデルまであり得ないと思いました。
三菱のiではちょっと小さいですし。
デザインさえ変われば売れると思います。
と言っても新規の車だから簡単には変えられませんよね。
ヴィッツは標準モデルよりもG’sの方が格好いいと思いました。
リーフはランプ類が気になりますね。
Posted by デザインが悪いに1票! at 2011年12月17日 18:52
いつも楽しく拝見しています。

確かに、リーフの外観はカッコ悪い。特にフロント周辺が、まるでナマズかハゼの様です。充電コネクタの位置もフロントの印象を悪くしていると思います。

ただ、インパクトは強烈で、一度見たら忘れるません。
EVの認知度をあげるために敢えてカッコ悪くしたのでしょうか?(まるで奈良のせんと君)

でも、次に発売予定のNV-200EVも充電コネクタの位置がリーフと同じでカッコ悪い。
何故、鼻が「パカッ」と開いて充電することにこだわるのでしょうか?

もし、この「鼻パカッ」を日産のEVのアイデンティティにしようとしているなら、止めて欲しいです。

カングーEVは素直にまとまっているのに……
Posted by アップルベリーフィン at 2011年12月17日 19:03
20代男性です。自分もリーフは両生類や深海魚にしか見えない。という印象です。加えて彼女も「リーフ(とジューク)はデザインが・・・」と言っています。彼女はどちらかというと車に無関心な人間なので、ここまでアウトを宣言するのは相当なことだと受け止めています。
Posted by しげ at 2011年12月17日 20:33
EVやHVの専用車は、最初にデザインを誤ると後々まで祟るってことを示す事例になりそう?

あと、強気でEV専用車をグローバルな規模で市場投入した点は素晴らしいと思うのですが、やはり充電インフラ整備や人々の意識変化、車両価格(≒Liイオン電池)のコストダウンがまだ追いついてないですね。

個人的には、受注を開始し来年1月末から発売されるプリウスPHVに販売台数で(下手すると累積登録台数でも)一気に追い抜かれると懸念しています。

頑張れ、日産…
Posted by tm256 at 2011年12月17日 22:27
商品のデザインは重要ですが。
それが全て、では有りませんよ。
価格&航続距離でしょう。
安価な原チャリ(125まで)なら成立しますが。
税制上(実質的に一台所有が限界)の問題が有る日本で(税制で無く海外は価格。中古市場次第かな?)普及は難しいのでは?
以上。
Posted by nobu at 2011年12月18日 01:17
>2011年1月〜3月までの3ヶ月間で3万台売ることなど不可能

の3ヶ月間は2012年1月〜3月の間違いだと思います。
Posted by うどんこプップ at 2011年12月18日 06:39
デザイン変更、簡単です!!

あのデザイン一番の問題点は顔にあります、
出っ歯に見えるんです

だから、あの 『歯』に見える部分を黒く塗れば少なくとも 普通?に見えると思います
Posted by kotaro-1@agate.plala.or.jp at 2011年12月18日 09:25
東京モーターショーでVWの電気自動車(ツートンのミニバンタイプ)を観て思わず欲しくなりました。

「電気自動車=未来的なデザイン」ではなくレトロデザインのほうがいいのではないでしょうか。デザインの自由度が高い電気自動車だからこそできることですし。
Posted by 三楽斎 at 2011年12月18日 10:46
リーフのデザインは見た瞬間最悪でした、日産車の殆どが酷い(深海魚に見えるは同意見です、ずーっと思っていた)
ジュークはガマカエルが座って見える、中村さんデザインのいすずジェミニを見たら、今の日産車は仕方が無いのかな、90年代のZ、R32スカイライン、プリメーラ、S13シルビアのデザインが懐かしい、前に2大自動車評論家が日産にはデザイナーが居ないと言いました。
Posted by at 2011年12月18日 11:22
リーフはどんな高級車よりもどんなスポーツカーよりも魅力的だ。と何度も試乗した乾燥です。
そんなに思い入れがあるのに、なんで買わないの?と言われれば、値段が高い。そして先進的なのか?かっこいいのか?カモノハシ・デザイン。(私はJUKEが世界最高デザインと思う感覚です)
航続距離200Kmは目を潰れるけど、せめて250万内で抑えて欲しかったですね〜。
アイミーブはガソリンアイを乗っているから、なかなか食指が動きませんが、軽枠なので魅力的です。やはりミニキャブミーブ?
自宅半径200q以内の急速充電池箇所は充分になってきました。
プリウスPHVはあまり興味が無いですが、EVで20q走れるのならこっちは現実的でしょうか。

私は買う気マンマンですが、まだまだ対ガソリン車との費用対効果がなかなか望めない現実に歯がゆい思いです。
もしIQ-EVが150万ならどうしよう??
Posted by 那須与一 at 2011年12月18日 12:18
プリメーラなんか格好良いデザインと思ったのに電気自動車のデザインになると…格好悪い。過去の日産車でも良いデザインの車があるからそれ等を何故参考にしなかったのかね?あれでGOサイン出した連中の考え方が甘かったとしか言いようがない。顔を変えただけで随分印象変わると思いますので早めに手を打たないと益々売れない気がします。電気自動車のCM観てると女性がターゲットなの?と考えてしまいます。補助金無しでも購入しようかなと思う位のデザインで勝負しましょうよ。もったいない。
Posted by ばたやん at 2011年12月18日 13:32
リーフの販売不振は外観デザインが良くないためという意見が圧倒的に多いですが、充電インフラ等が、まだ十分に整っていないという社会的な環境も購入に二の足を踏む原因ではないかと思います。

リーフのデザインは、サイドとリアはオリジナリティがあり良いデザインですが、フロントは他の方も指摘しているように野暮ったく感じます。 
顔の部分が”出っ歯”に見えるという意見には確かに、・・・と笑ってしまいました。
しかし、日本のメーカー(日産)が世界に先駆けて本格的な自家用EV専用車を発売し、本腰を入れて世界市場に乗り出したというのは歴史的な出来事であり、その勇気は称賛されてもよいのではないかと思います。  もっとリ−フを応援しましょう。
Posted by 団塊eurasia at 2011年12月18日 15:31
どんなお化粧になるのか楽しみです。
自分も参考にさせていただきます!

自分はオートサロンやモーターショーに出ていた
エアロスタイルがいいなあって思っています。
Posted by applefanjp at 2011年12月18日 16:53
リーフは、南米の大きなネズミに似ていると思います。または、カモノハシ。
Posted by あかざぶ at 2011年12月23日 08:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。