toyotires
 


2011年12月23日

来年はスマートハウス元年?

自動車メーカーや、自動車に関する部品メーカーのブースが出展された東京モーターショーですが、自動車とは一見まったく関係のないブースがあったりします。私が心に残っている変り種は、2007年の東京ショーに出ていたモリモトのブース。円柱や三角すいが重なっているような造形で、商品紹介もなければ、何かの体験コーナーもありませんでした。モリモトというのは、都市型デザイナーズマンションを企画販売している、マンションデベロッパーさんでした。

001
まぁ、こんな感じで住宅関連のブースがじわりじわりと増えているような気がする。前回の東京ショーの三菱のブースから、MiEV HOUSEというEVとの共住の提案がされていた(今回もMiEV HOUSEはありましたね)が、ここにも、三菱地所ホームをはじめ、太陽光発電のシャープ、給湯器のコロナや、システムキッチンのサンウエーブ、照明器具のヤマギワなどが協力企業として名を連ねた。

002                 写真は2009年版MiEV HOUSE

ホンダもスマートホームシステムの提案、日産もエネルギー自立型スマートハウス「NSH-2012」を展示。また、トヨタブースには、トヨタホームがスマートハウス専用住宅の「シンセ・アスイエ」の模型を展示するなど、自動車メーカーブースにも住宅提案が普通にある。

また、今回は、積水ハウスとLIXIL(トステム・INAX・新日軽・サンウエーブ・東洋エクステリアが統合してこの春できあがった会社)の2社がモーターショー初出展。「SMART MOBILITY CITY 2011」のエリアに出展した2社はともに、EVのある暮らしを提案していた。

003
積水ハウスのブースは、「エナジーフリーな暮らしが、未来を変える。」をテーマに2015年の暮らしを見せ、太陽電池、燃料電池、蓄電池にEVを組み合わせた「Green First HYBRID+EV」で、4つの電池を搭載するスマートハウスを提案していた。光熱費も燃費もゼロに抑え、緊急時はこれら4つの電池でバックアップするというもの。さらに、常にEVの電力供給が住宅側から行なわれ、緊急時のクルマでの移動も考えた「EVを活かす」というコンセプトもある。

004
フィルム状の薄膜太陽電池を使った、オーニングと同じく可動式ルーバーにも、同様の太陽電池を装着。どちらも市販化は未定

005

一方、LIXILは、「いのちもくるまも集う家」をテーマに、家と人とモビリティをつなぐ空間「ミッドテリア(インテリアとエクステリアの間という意味?)」を中心に、地球と調和する暮らしを提案している。このミッドエリアとは、騒音も排ガスもないEVなら、車庫よりもさらに住宅側に近づけることが可能、ということで、家とクルマの調和を提案した住居内エリアのこと。イメージとしては土間の進化系といったところでしょうか?

このミッドテリアには、4つのシンクを備えた簡単なキッチンがあり、釣った魚をさばくとか、獲って来た野菜やフルーツを洗ったり冷やしたり、といったことが可能。また、このミッドテリアには、ポニーもいました。ということは、土間に馬屋がつながっている東北の曲り家的なイメージでしょうかね?

006
家具クリエーターとのコラボで生まれた木製のEVの奥には、熊本からやってきた親子のポニー、「ジミー」と「ヒラメ」

提案されたどの住宅もHEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)を搭載し、家がどんどん賢くなっていきそうです。去年はEV元年といわれましたが、来年あたりは、EVとスマートハウスの元年、になるかもしれませんね。(青山義明)
posted by polishfactory5 at 16:56| Comment(1) | 2011>素晴らしい記事!
この記事へのコメント
スマートハウスって電気の自給自足と考えて良いですよね?
不安定な自然エネルギーで作った電気を蓄電池等のキャパシタに溜めて(貯めて?)安定的に使う。
家では電気残量に気を配り、無駄遣いを防ぐ。
エコの観点からも防災の観点からも素晴らしい提案だと思います。

ただ、モーターショーでは、EVをキャパシタに使う提案がされたわけですが…。
これは、発電時や電気の使用時に車を使わない前提じゃないですか。
確かに、現在手に入れることができる、最も安価で大容量で信頼性が高い(そうでないのもありますが)電池はEVなんですけど…
自家発電とEVの相性は良いと思いますが、住宅用のキャパシタは専用のものが必要だと思います。
エコウィルやエネファームにしても常時発電するわけでは無いので、(完全自立型の)スマートハウスを成立させるには、住宅用キャパシタが必要だと思います。

設備メーカーもEVに頼らないシステムを構築して、補助金がでるように政府に働きかければ良いのに。
Posted by アップルベリーフィン at 2011年12月24日 12:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。