toyotires
 


2012年01月10日

アクア通信Vol.6

アクアの発表会にトヨタ・プリウスと日産リーフオーナーの国沢光宏さんがいたので、質問してみました(笑)。

Kunisawa

−−アクアをごらんになってどうですか?
国沢 乗ってみないとわからないけど、ヴィッツよりラゲッジスペースが広いから、これ1台でなんでもできちゃうよね。

−−ヴィッツや他のエココンパクトカーと競合はしないですかね?
国沢 ヴィッツと価格が違うからね。アクアは一番安くても169万円なので、プリウスとヴィッツの間に位置づけられるから、いいポジションじゃないかな。エコカー補助金も出るし、売れるだろうね。
正直言うと、アクアが登場するとホンダ・フィットハイブリッドやデミオ・スカイアクティブはもうダメかと思ったけど、169万円スタートのアクアの価格を見て少し安心したよ。この価格であればフィット・ハイブリッドやデミオ・スカイアクティブは生き残れるね。みんなHappyでよかったんじゃない(笑)。(XaCAR編集部・石川)

posted by polishfactory5 at 23:16| Comment(1) | ECOカー紹介
この記事へのコメント
12月の新車乗用車販売台数ランキング発表されました。
単純に前月比を記述すると、
1位:プリウス -11,166台
2位:フィット -1,151台
3位:フリード +1,450台
4位:ヴィッツ -2,852台

この数値で解ることは、1,2位は前月と同じですが販売台数が減っています。フィットのマイナス分はおそらくフリードHVに行ったのではないでしょうか。
そして、1,4位のプリウスとヴィッツのマイナスは、アクアに行ってしまったのではないかと思います。
このことから、1月のランキングを予想すると
1位:プリウス
2位:フィット
3位:アクア
4位:フリード
では?
結局、アクアは販売台数が多いけれど利益があまり出ていないプリウスに代わってもっと利益の上がる車を販売しようとするトヨタの思惑が見えます。
つまり、フィットと勝負するまで値段を下げると利益率が悪くなるため、あえて競合しない値段設定にしたのではないかと思います。正に、国沢先生の仰る通りだと思います。
あとデミオ、スカイアクティブ発表前よりも販売台数が落ちています。これは、やはり皆フルモデルチェンジを期待しているのではないかと思います。
Posted by tonpochi at 2012年01月11日 12:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。