toyotires
 


2012年01月19日

アクア通信Vol.7

Q:最初からアクアのエンジンは1.5Lだったのですか?

A:割と初期から1.5Lでしたね。実際の開発スタートは6年前の2006年。その頃から、コンパクトクラスに入れた方がいいのではというスタディが始まりました。最初は本当にフィージビリティスタディが中心となり、しっかり開発と呼べるようになったのは2007年からで、年末には1.5Lでいくことが決まっていました。ちょうど3代目プリウスがデビューする2年ちかく前。このアクアのために、エンジンを始め、そんなにいろんなものを開発するのは、社内のオーソライズはなかなかとれていなくて、1.5Lでいくのだけどハイブリッドシステムも、なるべくプリウスのものを流用できないかとか、1.5Lのエンジンは2代目プリウスのものをそのままつかえないか、という議論はありましたが、最終的には2代目プリウスのエンジンに70%の最新技術をいれています。
A.JPG

70%もの部品を新設計した1NZ-FXEユニットは35.4km/Lの低燃費を誇る

Q:燃費はどのような点がポイントですか?

A: ハイブリッドの燃費という意味では、プリウスを超えなくてはいけない。身内のプリウスをみて、コンパクトにするため電池を減らしていくと、なかなか好燃費って出にくくなる。電池を減らすと電圧が下がるため、燃費が稼げなくなるのです。電圧が下がると電流が増えてと、プリウスより燃費が簡単に悪くなります。そういう意味じゃ、やっぱり燃費効率は見た目よりも大変でしたね。

B.JPG

C.JPG

D.JPG

E.JPG

CT恒例ECO対決のゴングが鳴る。ちょっと頑張れば38.1km/Lも可能だ

Q:パワーモードが装着されていないのは何故ですか?

A:パワーモードを外したのは、ちょっと試してみたかっというのもあります。エコ/ノーマル/パワーと3つ付けると、コンパクトのクルマですとそれ自体がわりかし制約になることもある。1.5Lクラスのコンパクトクラスのなかで、トップの動力性能はありますが、(過給器付きや本当のスポーツモデルを除く)もの凄くパワーがあるわけではないので、ノーマル/エコ/パワーとすると、ノーマル自身がすごくつまらなくなってしまう。しかも、エコがかなりかったるくなる。だったらパワーをやめて、エコはそれなりにという割り切ったほうがいいかなというのでやめました。

F.JPG

好燃費を叩き出すにもモードスイッチの位置をシッカリ左手にたたき込め

Q:アクアで苦労した点は?

A: コンパクトなクルマで、アフォータブルな価格というと、何でもかんでも簡略化するのが常ですね。エンジニアたちが簡略化すると、クルマがしょぼくなるし、性能も悪くなる。いかに簡略化しないで、性能を維持しながら、軽く安くするかというのが、工夫のしどころです。それが基本で、あとはパッケージングやデザイン。シルエットは、小さくなるとデザインの余地がどんどん減っていきますが、そこを先まわりして、特徴的なデザインをするには、立体感を削り取るスペース余地が必要です。その分ハードを小さくして、あらかじめいちばんいい場所においておくとか、あとは運動性能とかを配慮した位置におくとか。おけるとこにおくのではなくて、いい場所におくというあたりが苦労した場所です。(CT編集部)

G.JPG
小木曽 聡(おぎそ さとし)
サスペンションの設計屋として1983年にトヨタ入社。多くのクルマに携わったのち、93年末にプリウス・プロジェクトがG21というワーキングでスタートしたときから現在までハイブリッドとともに17年間を歩む。今回、世界トップクラスの低燃費で話題のアクアを担当。そのほかEV/PHV/FCまで受けもつスーパーエンジニアである。
posted by polishfactory5 at 08:16| Comment(1) | ECOカー紹介
この記事へのコメント
トヨタの車は隙がなさすぎてつまらない。と云う定説があった。いや、ある。
トヨタ車の評価として
「80点主義」は身内?
「70点主義」は一般的
「60点主義」は他社のファン?
「50点主義」は変人(私のこと?)
などと称されてきたが、2代目プリウスからはトヨタ車の印象が随分と違ってきた。
「えっ、本当に出せるの」的な車も何台かリリースされると、トヨタは凄いを通り越して、「トヨタせこいぞ」日本に自社だけ残すつもりかっ、てなことをつい思ってしまう。
アクア、普通の車好きにとってはベストバイ(この場合九州弁と理解して頂いても問題無し)です。
しかし、同程度の金額出すなら「スイフトスポーツ」、安い「Fit-RS」もあることを忘れてはならない。どれを買えばカーライフが充実するか、生活に余裕のある人はじっくり選べば良い。
私はどうやって買う振りをして、カタログ貰うか悩んでるところです。
Posted by マイスターキートン at 2012年01月20日 19:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。