toyotires
 


2012年01月22日

CX−5は安いかも

読者のネットワークは広い。マツダCX−5の続報が入りました。何と! ベーシックグレードでもサイドエアバッグとアイドルストップを標準装備するという。両方合わせれば10万円+αの価値になる。8万円なりのHIDパッケージよりずっと安全と環境に効能ある。

実質的に16万円差と書いたものの、やっぱり25万円以上の差かと。もっと言えば、サイドエアバッグまで標準装備しての279万円はリーズナブルだ。平成24年度のディーゼル補助無しでもイケそう。クルーズコントロールを標準装備していれば100点です! 

こうなると気になるのがスカイアクティブGの価格。ディーゼルとの価格差が30万円ということなら、同じ装備内容で249万円。スカイアクティブGは2,4リッターに匹敵するトルク感を持つため、こちらもエクストレイルより圧倒的に魅力のある価格設定になると思う。

すでに試作車の試乗は済ませており、ディーゼルもガソリンもエクストレイルより15〜20%パワフルな上、燃費も優勢だということを確認している。価格まで優勢となれば強い。もし売れ行きが伸び悩むとしたら、あまりに欧米を意識したデザインしか理由無し。

私はCX−5を厳しいと考える。ただスカイアクティブDのコストパフォーマンスについちゃ高く評価したい。次期型アテンザやMPVなどのパワーユニットとして大いに期待できます。ホンダやトヨタあたりもこのエンジンを国内用にマツダから供給してもらえばいいのに。

追記・日産や三菱のクリーンディーゼルは3つの排気ガス浄化装置を持つ。エンジン側から行くと『酸化触媒』+『DPF』(集塵フィルター)+『NOx触媒』だ。酸化触媒とNOx触媒の区別が付かない人も多く、さらにシロウトさんだとDPFまで一緒になっちゃうようだ。

スカイアクティブDで不要になるのは、NOxを還元するための最も複雑で高価な触媒。ベンツや三菱ふそう、UDトラックスなどは尿素水を吹いて対応しているほど。こいつの開発が出来ないため、トヨタもホンダもスバルもディーゼルを出せない。(国沢光宏)
posted by polishfactory5 at 20:00| Comment(7) | ディーゼル
この記事へのコメント
CX-5にはFFという選択肢がありますね。
ディーゼルも4WDが不要な人には価格的な魅力は絶大だと思います。
エクストレイルは4WDだけですから。
Posted by やま at 2012年01月22日 22:04
マツダは広島と云う、地理的には不利な場所にあるにも関わらず、頑張っている。広島には何のゆかりもありませんが、自然応援したくなる。
某有名家電メーカーは創業者が亡くなれば、そそくさと本社を東京に移し、関西では不興を買っているらしい。
RX-8を買うと周りの人間に言っていたが、燃費とフォルムが妻は難色を、私は動性能で購入を諦めた。何よりも、どこで買えば良いか分からなかった。店の場所が見つからないと云うことではありません。故に良い車を発売しても顧客に伝わらない。だって、ディーラーに伝わらないから。車好きの営業マンが担当の人は本当に運が良い。大事にしてあげて下さい。
マツダには早く企業力を回復して貰い、本当に出すべき車を早く出して欲しい。急いで貰わないと、日本のスポーツカーに乗ることが出来なくなる。
あ、その前に金が無いことを忘れてた。
Posted by マイスターキートン at 2012年01月22日 22:36
CMを含む宣伝が下手くそなマツダ。今度は上手くやりましょう。でないと折角の新車もデミオのときみたいになりそうです。嫌いなメーカーではないのですけど。
Posted by ばたやん at 2012年01月23日 06:19
SkyActiv-Dのエンジンって、BDFでも問題無いんでしょうか?

BDFの使用に技術的な問題が無ければ、EV/PHVをまだ一車種も持たないマツダにとっては、BDFとの組合せを訴求することによって、そういったエコカーの購入者層へのアピールを強めることができると思います。

昨年11月のEVフェスティバルでは、デミオSkyActivを展示し、「ガソリンは悪じゃない!」なんて涙ぐましい説明をしていたマツダですが、SkyActivとバイオ燃料を組み合わせれば、内燃機関でも電動化に勝るとも劣らない環境対応だと考えます。
Posted by tm256 at 2012年01月23日 10:20
マツダ頑張ってんですね。知りたいのはスカイアクティブアクセラの15インチや16インチの実燃費は、本当に1・5リッター並みなのか? CXー5の4駆は新型インプレッサの4駆よりいいのか?是非とも記事にしてほしいです。4駆のシステムも。 後希望はどうせならデミオもアクセラもCXー5も新技術キャパシタに電気を回生ブレーキに貯めて燃費よくするのを、一気に出し惜しみしないで付けてほしい。VWなんか買った人には残念だけど、次々に新技術を付けちゃうし進化を止めないので、マツダも値段はなるべく安く付けてほしいかな。デミオは特にライバルが凄いのでスカイアクティブAT、MTを是非とも載せてください。表示燃費悪くても差別化を計った方がデミオが引き立つと思います。室内や荷室がスポーティー?の為狭いだけに。日本市場だとうけ悪いし。よろしくマツダさん。一気にやったほうがコストダウン出来ると思うのは素人考えですかね?
Posted by さね at 2012年01月24日 08:52
マツダのディーラーの営業は気合い入っていましたよ。

ネットからCX-5のティザーキャンペーンに登録した当日のうちに、最寄りディーラーから電話が入ってきました。
営業対象の試乗会が既にあったらしく、CX-5の印象を熱く語ってくれました。
スカイDについては、
「ディーゼルエンジン特有の頭打ち感が無く、上までスムーズに回りますよ」
と、良くも悪くもマツダらしい売り込み方でしたけど…車好きが多いのでしょうね。
試乗が楽しみです。


スカイDの燃費以外の環境性能で気になることがあります。
筑波発の藻由来バイオ燃料(混合率7割!!)の実験車両は、確かCX-5でしたけど、エンジンは全く別物なのでしょうか??
スカイDそのまま使えるならスゴイことですね。
Posted by アップルベリーフィン at 2012年01月24日 18:46
今朝の地元新聞の朝刊にCX−5の発売日と価格のついて記事が載ってましたよ。

来月16日に発売で価格がスカイGが205万円からでスカイDは258万円からみたいです。FFでこの価格からならインパクトあると思います。
SUVなので月間目標販売台数はかなり控えめに設定されると思いますが発売から1年後に目標の半数以下ならブランド力や販売力、もしくはフロントデザインのいずれかを抜本的に直さないと今後も厳しいと思います。
たくさん売れてロータリーエンジンが復活してほしいです。
Posted by マーブル at 2012年01月26日 19:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。