toyotires
 


2012年01月31日

ECOカーは寒さに弱い

今年の冬は厳しい。地球温暖化を受けて開発されてきたECOカーとあり、寒冷化しちゃうとシオシオになっちゃうのか? 大雑把に言って問題は二つ。「燃費の悪化」と「寒さだ」。例えばアイドリングストップ付き車。大半の車種で、朝の通勤時は長い間エンジンが止まらなくなってしまってます。

なかでもキャビンスペースの広いセレナなど、外気温が0度を下回るようになると、信号待ちの多い街中など20分以上アイドルストップモードに入らないほど。プリウスやフイットHVに代表されるハイブリッド車もエンジン停止までの時間が長くなっている。エアコン全開の夏場より10%以上悪い。

ヒーターの効きの悪化も共通する現象。冷却水はエンジンの周囲から暖まり、一定の温度に達するとラジエター(ヒーターコア)にも循環するようになる。しかしラジエターまで循環した途端、冷えてしまい再びエンジンの周囲循環モードに切り替わってしまう。かくしてヒーターコアの温度が上がらず。

これらの「問題」をイッキに解決してくれるのは「ラジエターシャッター」である。気温低いときはラジエターを覆ってしまうというモノ。新型レクサスGS450hに標準装備されてました。プリウスを始め、全てのECOカーに有効なデバイスだと考えていい。こいつをマニュアルで行えばよろしい。

簡単に書くと、ラジエターグリルを内側から塞いでしまえばOK。全面を塞ぐのでなく、4分の1くらい残せばいいだろう。最悪の場合、電動ファンが稼働するためオーバーヒートに陥ることはない。もちろんラジエターを覆うときはオウンリスクで。具体的に説明するほど罪深くなる。

いつから我が国はこういった状況となってしまったのか? 私のプリウスもテスト中でございます。今のところヒーターの効き倍増&絶好調でありんす! (国沢光宏)
posted by polishfactory5 at 00:28| Comment(10) | ECO(経済)なクルマ
この記事へのコメント
それこそ86レビンの電動開閉フロントグリル的な事でしょうか…f(^_^)
86の再来と言われる年にあのときのアイデアが生かされるとは〜。
Posted by かず at 2012年01月30日 23:53
ちなみにインサイトはエアコンがガンガン効きます燃費はまあそれなりですが。本当にエコカーなのか? 嬉しいいような残念なような…寒くないのでいいんですけどね。
Posted by さね at 2012年01月31日 09:34
かってエルグランドのジーゼルにラジエターシャッターがありました。
Posted by at 2012年01月31日 10:16
東京近郊ですが12月から3月までラジエターグリル
上下とも完全に塞いでいます。渋滞時にファンが回ることもありますが、過熱ランプ点灯したことありません。暖房入れなくなった4月に上側だけ開放、6月に冷房入れ始めた時、上下とも開放してます。

燃費は冬季でも良好です。
Posted by シャッター at 2012年01月31日 11:40
オウンリスクって、わざわざ書く必要もなかったころが懐かしいですね。
プリウスαのクルーズコントロールも部品でとれば、たかだか数千円。
取り付けは素人でも10分もかかりません。
でも、これもオウンリスク。
配線は来ている、しかも純正部品。
でも、批判する人多いですね。
ある掲示板では、お金がないのなら…なんて書かれてます。
トラヴィックも同じように純正部品後付ができました。
でも、それが原因でアクシデントに陥った話は聞きません。
なんだかいやな世の中ですね。
Posted by もう50歳 at 2012年01月31日 12:16
自分もHVに乗っていますが、エアコンを使用せずに、ホットブランケットを使用しています。

それでも水温が温まっていてもアイドリングストップになかなかなりません。

そこで自分はEVモードONで強制的にアイドリングストップにしています。エアコンを使用している人には意味がないですが、なかなか使えます。
Posted by PING G10 at 2012年01月31日 12:58
ラジエターシャッター…前に乗っていたランクル80に巻き取り式のがついてました。
砂漠からツンドラまで、さすが世界の働き者だと感心した覚えがあります。
そういえば…これまたその昔乗っていた初代RZ250(ナツカシー)では冬場ラジエターの前面にガムテープを貼っていたものです。
原理的には同じですね。
Posted by このすけ at 2012年01月31日 13:08
私の2001年式320d(ディーゼル)はラジエーター後面全体にラジエーターシャッターがついています。
最初なんでこのようなものがついているのかわからず、またエンジンオフにした瞬間に「バシャン」と結構大きな音がして閉じるので気になる、その後いろいろ調べてわかった次第です。
ちなみにシートヒーターついていて重宝しています。
家族はVWのTSIツインチャージャーに乗っていますがこれも温風が出てくるまでかなり遅く感じます。
HV、EVとともに効率のいいエンジン車にも効果的な暖房装置要るのでは?と感じています。
Posted by M2 at 2012年01月31日 18:27
プリウスのグリル塞ぎは、プリウスマニアの掲示板で流行っていたのを、由良さんが見て、ムーンクラフトでシャッター作っていましたよね。

あれ、気付いたら、レクサスに取り入れられてたんですね(^_^;)
Posted by n_waka at 2012年02月01日 16:19
私はアイドリングストップも付いていないラフェスタに乗っていますが、CVTの関係かエンジン回転数が1500回転ぐらいしか上がらず、その上、15分ぐらいで目的地へ着いてしまう事が多いので暖かい風を受ける事ができませんでした。
今年に入ってから、カプラーONで装着できるデジタル水温計を取り付け、ラジエータとエアコンのコンデンサーの間にラジエータが半分くらい隠れるようにダンボールを差し込んでいます。
今年は冷え込んでいるので、この対策で、何とかこの冬を乗り越えようと思います。
Posted by ランカフェ at 2012年02月01日 19:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。