toyotires
 


2012年02月01日

プリウスPHV苦戦か?

意外でございました。プラグインプリウスの受注が現時点で3千台なのだという。ちなみに月販目標3千台。プラグインプリウスって異例に長いティザーをやってきたことを考えると、予想外に少ない台数である。アクアなどの売れ行きを見ていると、最低で3倍くらいの受注を受けていたって不思議じゃない。

おそらく立ち上がりが3千台受注なら、来月にも3千台割れしてしまう可能性大。昨年、プラグインプリウスの試乗会で(価格が判明した後)「高いから売れないのでは?」と聞いたところ「だから月販3千台に抑えました」。この自信はドコから来るのか不思議に思ったものである。少なくとも私は魅力を感じず。

いや、プラグインプリウスに魅力を感じないのでなく、価格が高すぎるのだ。それこそ1年以上前に田中CEと大雑把な価格のイメージの話をしており、その時に聞いた「プリウスよりランニングコストが浮く分だけ高くしたい」なら絶対売れると思うのに。おそらくリチウム電池の開発に大失敗した余波だと考える。

今やリチウム電池は1kWhあたり高くて4万円というのが相場。プリウスPHVなら16万円。プリウスのニッケル水素が不要になる分、”行ってこい”でケース込み20万円もあれば何とかなると思う。当初40万円高(補助金貰うと実質的に20万円高)くらいだったら私だって欲しい。今の価格では今後も厳しいかと。

これからPHVを出そうとしているメーカーは、トヨタの状況を見ていると思う。いずれにしろECOにボランティアでお金を出そうという人は少ない。ビジネスベースを考えているならエコロジーよりエコノミー。プリウスが売れている理由も後者です。トヨタはよ〜く解っていると思っていたのですが‥‥。(国沢光宏)
posted by polishfactory5 at 10:43| Comment(7) | プラグインハイブリッド
この記事へのコメント
プリウスPHV-G予約しました。
2月末ころ納車?
確かに少し高いですが電気自動車の感覚を
20キロ以上味わえて足の長いファーストカー
となると今の所これしかなく前からプリウスに
興味があったので決めました。
EV走行が忘れられない。
そうそう車用の電気毛布買いました。
今の車で試しましたが結構寒い日にヒーター
なしで会社まで行けました。
今年は納車時期から使用機会は少ないと思いますがこれは重宝しそうです。
シートヒーターと併用で私の通勤距離なら
バッチリと思います。
ラジエターシャッターどんな素材でどうつけたのかこっそり教えてほしいものですね。
今から定年までの10年と少し乗るので
大事に使用したいです。


Posted by ken at 2012年02月01日 13:11
PHVはEV以上にオーナーが限られるのではないでしょうか?
というのは通勤使用を考えると、PHVのメリットを活かすためには片道10Km以内で車庫付一軒家で暮らす人。すなわち毎日充電できる人に限定されてしまいます。それ以外の方の購入を考えた場合、まだまだ数の少ない充電ポイントに毎日立ち寄って充電するしかなく、手間が掛かり過ぎます。
EVならば、一軒家で暮らさないにしても片道10Km〜15Kmの通勤ならば週に一度充電ポイントに行けば済みます。この差は大きいのではないでしょうか?
Posted by tonpochi at 2012年02月01日 13:43
期ほどの追加ですがノーマルのプリウスも考えたのですが会社までの通勤距離が片道4キロを少し切るくらいなのでこれだとさすがにプリウスでも燃費は伸びないでしょう。
燃費には全くこだわらないのですが折角プリウスに乗って燃費が伸びないと悲しくなりそうなので
ちょい乗り時のプリウスの燃費どのくらいなんでしょうかね?
ちなみに現在ベルタ1300で9キロ台です
インチアップしてますが。
ゴーストップが多くまったく実燃費が伸びません
Posted by ken at 2012年02月01日 13:46
ガソリンに頼らずにある程度の距離を走行できることが、PHEVの本当の価値だと思います。

モノの価値が高いか低いかは、世間の雰囲気や気分で変わります。
資源の無い国に住んでいる自覚(実感)が
皆に出てくれば、EVもPHEVの今の価格設定に割安感が出てくるでしょう。

もし、「アメリカとイランが戦争確定だ!油が日本に入って来なくなる!」と、マスコミが煽れば、プラグインプリウスもリーフも両ミーブもバカ売れするでしょうね。


「もし…」と仮定の話で申し訳ありませんでした。
ただ、昔なら「政治がうまくやるからそんな事は起こらない」と脳天気に信じることができましたが、最近はねぇ……

雪国じゃなかったら、ミニキャブミーブを速攻買っていましたね。
Posted by アップルベリーフィン at 2012年02月01日 23:28
プリウスPHV-G予約しました。
20プリウスからの乗り換えです。
12月第一週に、予約しました。
この時点で2月生産割り当てにもれて、45万円の補助金に間に合わない順番の3番目でした。
先日担当者から連絡あり、2月生産、補助金間に合いますとの事で、正式に決まりました。
受注が厳しいのは、12月の時点で45万円の補助金が受けられないので、購入をやめた人がいっぱいいるのでしょう。2月登録と3月以降登録で、45万円の差は大きいです。
本体価格が高めですから。
こちらの補助金(次世代自動車振興センター)も延長が決まれば、また受注も増えるでしょう。
Posted by カノン at 2012年02月02日 09:34
いやいや、流石はアメリカというお馬鹿判決がでました。

産経ニュース引用
「燃費、広告より悪い」 ホンダに不当広告と賠償命令 米裁判所
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120202/amr12020211070006-n1.htm
これがまかり通ろうものなら、プリウスPHVの燃費は最大で61Km/L。
実燃費とかけ離れた燃費の差分を賠償せよ!なんてことになるとどうするんですかね。
Posted by tonpochi at 2012年02月02日 12:46
tonpochiさん>
たとえ毎日充電できる環境であっても、通勤使用には向かないかも知れません。
プラグを差し込み、プラグを抜く。わずかの手間であっても、疲れた帰宅後、忙しい出勤前にこれを毎日繰り返すのは結構苦痛に感じるだろう、とクルマ通勤者である自分は想像します。
マメな人には何でもないことかもしれませんが、ちょっと不精な人は結局普通のHVとして使う、てことになりそうな気がします。
かと言って週末の買い物用では燃費のメリットは乏しいですし…。中途半端さが
PHV苦戦の原因ではないでしょうか。

アップルベリーフィンさん>
原発が再稼働しない以上、油が日本に入ってこなくなればEVもPHVも動かなくなります。
原油価格が高騰すれば電気料金も上がりますし、政治的に高額の補助金で誘導しない以上、現在の価格設定に割安感が出ることはありません。


Posted by at 2012年02月02日 20:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。