toyotires
 


2012年02月14日

走行用電池交換の周辺情報

ハイブリッド車の走行用バッテリーの件について紹介してきた。正直なトコロ、交換例は多くない。初代プリウスの後期型(11型)で出始めているものの、まだ数%くらいだという。また、大半が「距離」でなく「経年変化」。ニッケル水素バッテリーはリチウムバッテリーと同じく高温状態で使われると劣化が進む。

アクセル開度の大きい使い方や、アップダウンの多い道を走っているハイブリッド車ほど早く劣化する。当然ながら重いハイブリッド車はモーターの負担が大きい。初代エスティマなど、バッテリー容量少ないと坂も登れなくなってしまう。冷却用ファンが稼働するハイブリッド車ほどバッテリー寿命は短い。

最新のハイブリッド車はバッテリー温度を上げないための対策を多数取り入れてます。新型GSなど冷却用空気の取り入れ口を低い位置に変更しているほど。現行プリウスも下の方に付いてます。参考までに書いておくと初代プリウス後期型は頻繁に冷却ファン回った。2代目になって一度も回った記憶無し。

e214.JPG

旧世代のHV車は高い位置に吸気口がある(写真は現行プリウス)

昨日「交換はコーションマーク付いてからいい」と書いた。具体的に言うと、バッテリー交換増えている初代後期型の場合、カメマーク点灯のケースが増えてくる(初代初期型は普通に点灯するが、後期型は基本的に点かない)。10回ほど点くと、コーションマークに切り替わる。ただ初期はキーのオンオフで消える。

この時点でディーラーに行けば問題なし。もちろん例外もある。様々な使い方をされてきた機械なのだから、ハイブリッド車以外だって突然のトラブルは出てきます。トラブルが怖い人は定期的にメンテを受け予防措置を取っておきたい。以下、走行用電池交換が必要な時期を迎えるモデルを挙げます。(国沢光宏)

・初代プリウス後期型
・初代エスティマHV
・初代アルファードHV
・初代インサイト
・初代シビックHV

posted by polishfactory5 at 09:27| Comment(2) | HVの電池寿命
この記事へのコメント
少し訂正させてください。

バッテリ冷却ファンは多少なりとも常時回っております。
冷却や加温以外にも、水素濃度コントロールとファンの作動診断を行っております。

現在のものは水素はでませんが、PL法対策で常に換気する必要があります。

あと、冬場も室内空気取り込んで加温する目的があります。
実は2台目プリウスがこれらの対応では最適設計であり、それ以外はユーザーからの反響からの妥協設計です。


しかし、今のエスティマハイブリッドのファンはうるさいですね。


Posted by メーテル at 2012年02月14日 12:47
詳細な調査ありがとうございました。

「走行用バッテリーは一般的な消耗品ではない。そして、経年劣化の進み具合は他の駆動系の部品とほぼ同等と考えるべき」とのことですね。

バッテリーの劣化ぐあいには差があるようですが、ミッションやクラッチ板なんかも、使われ方次第で痛みかたが全然違いますからね。

その経年劣化すら、モデル毎に進化した温度管理プログラムで走行には問題無いレベルに保たれていると。

めちゃめちゃ良心的じゃないですか。世の中には、消耗品のタイミングベルト交換時に、いろいろ含めて12万〜20万円ほどかかるフランス車もあるというのに。
(それでも魅力があるから買うんでしょうけど)

私もそうでしたが、「バッテリー=充電池。充電池は消耗品。」と認識している人は大勢い(る気がし)ます。
交換を奨められたら、仕方ないなと納得してしまうでしょうね。
Posted by アップルベリーフィン at 2012年02月15日 17:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。