toyotires
 


2012年02月20日

日産ディーラーやっと

大幅に遅れていた日産ディーラーの急速充電器設置ながら、やっと拡充され始めた。私が購入したプリンス東京の荻窪店は東京で2番目にリーフを多く販売するディーラーだというけれど、200Vの普通充電コンセントが整備工場建屋の裏側にヒッソリとあったのみ。急速充電器、都内に3カ所しかなかったのである。

東京都内はリーフの生息密度が高い割に急速充電器少ない。しかも距離的に近くても、道路状況悪いため時間かかる。これまで私の家から最も近い急速充電器のある日産ディーラー(新車のひろば三鷹)って直線距離にして6km。確かに流れの良い地域だと6kmの移動は長くて10分だろうけれど、とんでもない。

早くて40分。混んでいれば1時間といった状況でした。都心方面だと大洋日産三田工場の直線距離17km。こちらは間違いなく1時間以上掛かる。しかし! この度荻窪店にも急速充電器が完成(すでに設置されビニールカバーが掛かってる)。10分圏内になります。急速充電器のあるディーラーは倍くらいになる模様。

半径10kmくらいの密度で日産ディーラーに急速充電器が設置されたら、それだけでもうリーフの航続距離問題はカンペキに解決されることだろう。どこに行くのだってリーフでOK。おっともう一つ。火曜日の一斉休業も何とかして欲しい。今でも火曜日はリーフの運用に大幅制限が掛かっている。これ、厳しい。

ガソリンスタンドなどはドンドン有料化に向かいつつあり、料金体系を見ると率直に「高い」と思えてしまう(1回1050円でリーフだと走行100km分くらい)。というかビジネスベースに乗せようとすると、ガソリン車より高い走行1kmあたりのエネルギーコストとなる。日産ディーラーに頑張ってもらいたい。(国沢光宏)

・ArchaeaさんというミニキャブMiEV乗りの方をリンクに加えさせていただきました。燃焼式FFファンヒーターを取り付けたそうです。
posted by polishfactory5 at 08:00| Comment(3) | 急速充電施設
この記事へのコメント
エコカー補助金に反対している私です。国が行うべきことは社会造りで、消費者にお金を渡すような吸い揚げたものを戻すような無駄なことをしてはいけない。この無駄が利権になる。
血税は個々人では出来無い社会形成へ転嫁しなければならない。つまり、電気自動車が現実化したのだから充電場の拡充を図るのが国の役割りでしょう。
ん?役人が口を挟んだら9−5時の週休2日制?  や〜っぱり使えん連中だなァ。
Posted by マイスターキートン at 2012年02月20日 09:35
県で一番大きな都市でのリーフ試乗は、心配がありませんでした。けど小都市だと普通充電しかない!これでは小旅行も無理だなと感じました。幸い、私が住んでいる県は、観光地に急速充電池が完備されているので、旅は心配ないし、しかも無料です。
すべての日産ディーラーに普通じゃなくて、急速充電も完備出来るなら?今よりずっと普及すると思います。けど、急速充電器も販社負担らしいですね?頑張れ(メーカー)の日産!

火曜問題は先送りですね(笑)
Posted by 那須与一 at 2012年02月20日 10:31
急速充電器ではないですが、来月中旬プリウスPHVを10日間貸してもらえることになり、200V充電器の情報探しに血眼になってます。

思うに、充電器って普通のドライバーやユーザにとってはガソリンスタンドは良いしても、できれば行く目的の場所にあって欲しいんですよね。

例えば、道の駅、レストラン、ホテル・旅館、etc.
充電のためだけに、わざわざクルマのディーラーに寄るのは正直面倒。。。

逆に言うと、例えばクルマのディーラーに食事や宿泊の機能があれば、EVやPHVのユーザは、じゃあ充電できるから○○のディーラーに行くか、みたいな展開になる可能性もあるかと。

ゴーンさんはクルマのメーカーは売り切りだけのビジネスモデルじゃ駄目だと言ってました。

早く、こういった充電インフラ関連事業にも着目して欲しいです。

Posted by @tm256 at 2012年02月20日 10:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。