toyotires
 


2012年02月23日

リーフはCO2を出さない

「電気自動車は二酸化炭素を出さない」という言い方は明らかにおかしい。そんなこと小学生だって解ること。という突っ込みを受けた日産のツイッター担当は、本来ならカンペキに無視すべきだった。日産の宣伝部門だって解って坂本龍一さんにコメントさせている。削除し、出入り禁止にする、というのが正しい対応法だ。

しかし。ツイッター担当も自社の宣伝がおかしい、と考えているだろう。以下、大笑いのコメントです。「坂本さんのコメントは「CO2をどのくらい出して走ってるのか」と、「走行中」についてのものですので、発電方法に関係なくご指摘のような不当表示ではないと考えております。ご理解いただけますようお願い申し上げます」。

日産のツイッター担当だって現状認識くらいできている。環境問題を語るときの「二酸化炭素」は地球上のことを示す。だからこそ木材を燃やしても二酸化炭素という点でリサイクルとされます。さらに日産のツイッター担当は踏み込み、以下のようなデータを出してきた。これで電気自動車の効率を主張している。

・パワーソースによるクルマの二酸化炭素排出量

表というのは前提や具体例が必要。じゃなければ創作です。ここに出てくる「ハイブリッド車」や「電気自動車」はどんなスペックで、どうやって走らせたのか全く解らない。そいつを持って「電気自動車は二酸化炭素排出量少ない」と言われたって全く説得力無し。これまた突っ込まれることを承知で出しているとしか思えない。

ということから推測すると、日産内部にも今の電気自動車の宣伝方法は間違っている、と考える人がたくさんいるのだろう。実際、子供すら騙せない。「電気自動車は二酸化炭素を出さない」というのは原発推進派か、偽善者のセリフだと思う。本気で電気自動車を考えている人達に聞くと、現在でなく将来を意識している。

例えば太陽光発電と最も相性良いのはバッテリー。というか、バッテリーと組み合わせない限り太陽光発電の大量普及などあり得ない。電気自動車が普及すればバッテリーの価格はドンドン下がっていく。1kWhあたり2万円になれば、家庭用のバッテリーだって普及していく可能性大。エネルギー革命が起きると思う。

上の表を見ると「再生可能エネルギーによる発電能力」と書いてある。表を作った人は、エネルギー革命を考えている。だからハイブリッド車の数字なんかどうでもいいワケです。この表を「電気自動車は二酸化炭素排出量少ない」という説明のために使う、というアプローチこそ日産の電気自動車の宣伝の間違いの根源かと。

ヤヤこしい説明になったが、聡明な読者諸兄なら理解してもらえると思う。解らない人は理解してもらわなくてもよい。「電気自動車は二酸化炭素を出さない」と信じて乗っている方が幸せになれる。ただし。電気自動車は本当の魅力や将来性を語りながら売るべきじゃなかろうか。欺して売ったらアカン。(国沢光宏)

posted by polishfactory5 at 09:12| Comment(9) | 電気自動車
この記事へのコメント
激しく同意です。化石燃料(特に石炭)を燃やす火力発電などによる電力を使用する限り、CO2ゼロというのはウソですね。

ただ、モータと電池で走るクルマは、エネルギー回生で相当のエネルギーを回収できるので、エンジンしか持たないクルマに比べれば効率が良い。

それでも、今回の顛末のように「ゼロ・エミッション走行」を主張するなら、日産ももっとエネルギー問題の根本から取り組まざるをえないでしょう。
(横浜の本社では太陽光発電システム設置など既にいろいろとやってはいますが…)
Posted by @tm256 at 2012年02月23日 09:47
先生の仰る通りで、日産のCMで違和感を感じない人は再生可能エネルギーについて語る資格がないですね。
しかし、最近評論家にもとんでもないオタンコが存在し、太陽光発電のコストは原発のコストと比較しても変わらないなどと平気に言って方がいます。
電力で一番大事なことは、安定供給です。24時間365日一瞬たりとも途切れることなく供給しないといけないのです。昼間の一番日差しの強い時に発電した電力コストを比較したって何の意味もないのに。
太陽光パネルが有効に発電できるのは、昼間の5時間程度。残りの時間はどうするという議論がなされていません。安定供給するためには二次電池に蓄えるしかなく、そうした時のコストで比較すべきです。
太陽光パネルが一番有効なのはEV充電に使用することだと思います。北九州市の東田のENEOSではソーラー発電した電気を、100%EVチャージ用に使っています。
安定供給できないものは、貯めてから必要な時にだけ使用するのがベストだと思います。
Posted by tonpochi at 2012年02月23日 11:14
電気自動車の魅力は、出力特性とレイアウト(デザイン)の自由度でしょう。
近い将来、電気自動車は内燃・外燃(は今のところありませんが)機関自動車を走行性能でも上を行くことになるでしょう。
現在は未来の先取り感と内燃機関ではないと云うこと、多くの他人とは違うと云う優越感が電気自動車の魅力でしょう。
日産の広告は、車に興味の薄い人向けになっているように思われます。
たまには真面目なコメントを書いてみました。
Posted by マイスターキートン at 2012年02月23日 12:27
おっしゃるとおりです。
朝早く会社に行くときや深夜に帰って来る時も
音が無いので近所に迷惑かからないしまあ
あまり深く考えなくのるのがいいと思います
急速充電器の家庭用が10万円位で販売されれば
と思います。
話が変わりますが昨日PHVの納車がありました
諸事情でEVが買えないので。
私にとって想像以上の出来だと思います。
乗り心地も良く感じるし回生能力も素晴らしい
と思いました。
ノーマルの回生能力はあまり長く試乗していないのでわかりませんが。
上手く乗れば30キロオーバーも可能かと
昨日奈良からの帰り充電0の状態から阪奈の下りで5キロ以上回復しました。
上手く乗ればもっといけるかも
はじめは15インチなんてと思ってましたがPHVに乗って15インチの軽量ホイールとブルーアース1
もいいかなと思ってます。

10年は乗るのでその時はEVが全盛になっいるといいですね。
Posted by ken at 2012年02月23日 15:52
源流で排出するか、末端で排出するかっていう事もありますが、電気自動車の方が、排ガスをコントロールしやすいというような、マスでの排ガス抑制は電気自動車の良さだと思います。
( ロ_ロ)ゞ

この間トップギアでリーフのオンエアやってました。充電ポイントさえふえれば、それ以外は好評だったですょ。
Posted by かず at 2012年02月23日 18:07
EVの魅力は、電気を調達できれば、車での移動を保障してくれることだと思っています。
たとえ、電線が通って無くとも、その気になれば、いろいろな方法で自給(発電)できます。
もちろん、移動の自由に対して、どれだけコストを掛けるかは個人の都合で違います。少なくとも、近くにガソリンスタンドの無い僻地では、EVは心強い味方になると思います。


資源の無い日本のエネルギー問題を考えると、電気そのものにも強みが有ります。
電気=火力(化石燃料)
ではありません。
電気=原子力
でもありません。

水力・地熱・太陽光・風力等など、発電方法には選択肢が有り、伸びしろがあります。(現在の電力を賄うにはまだ力不足ですが…)

あと、無駄にしていた熱や振動などのエネルギーは、電気という形で、ある程度回収できます。

電気を動力源にすることが、絶対的なアドバンテージだと思います。
Posted by アップルベリーフィン at 2012年02月24日 16:09
何度もスミマセン。「EVは僻地の味方」の続きです。

近い将来、過疎化が進行している地域から、EV・PHVが普及するかも。

自動車燃料の使用量(ガソリンと軽油)の統計を国土交通省のHP等で調べてみると、2001年がピークで2009年には15%ほど減少しています。
残念ながら、2010年2011年の統計は見つけることができませんでした。(未調査もしくは未集計なのかも。詳しい方教えてください。)
しかしこの2年間は、エコカー優遇の効果で、HVや省燃費車の増加は2009以前と比べものにならないはずです。
実際の統計で確認する必要はありますが、この2年間で自動車燃料使用量も減少していると予想できます。人口減少もあるので、燃料使用量はこれからも減る傾向でしょう。

原油高騰のため利幅が減っているうえに、販売量の減少も進んでいくため、従来型のガソリンスタンドでは、採算の合わない店舗が増えるでしょう。

過疎地域にあるような、利用台数の少ない店舗から閉鎖されていく事が考えられます。

ガソリンスタンドが遠くなり、給油のためだけに燃料を使わざる得ない状況が多くなれば、俄然 EV・PHVの購入動機が強くなります。

公共交通機関の整っていない田舎ほど車への依存が高いです。ビックリするくらいのお年寄りが、車を運転しています。

軽トラ・軽バンの使用率も高いし、農協がミニキャブ・ミーブやハイゼットEVを扱いだしたら、普及が速いかも(笑)
Posted by アップルベリーフィン at 2012年02月24日 18:19
本当に国沢さんのおっしゃる通りです。だからこそ国沢さんもここにコメントされる方もこれからリーフについて語る時は原発や二酸化炭素などのキーワードを使わないようにするのが大事です。

「電気自動車」と「リーフ」を切り離して考える。それは環境評論家や原発推進派に出来なくても自動車評論家に出来ること・・・・・。

電欠したからオモラシしたみたいな話こそリーフにとってオイシイことです。皆さん、もっとリーフをオイシくしてあげましょうよ。
Posted by COLT at 2012年02月24日 21:53
テスラのバッテリーでこんな記事が
http://wired.jp/2012/02/25/bricked-tesla-roadsters/
1年以上ほっといたのならともかく6週間でだめになるのはさすがに厳しいんじゃないでしょうか。
これってテスラ固有の問題なんですかね。
もしどの電気自動車もそうならちょっと普及は難しいような気がします、
Posted by テスラのバッテリー at 2012年02月27日 15:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。