toyotires
 


2012年02月25日

ガソリン値上がりへ

ガソリン先物相場がジワジワ上がっている。25日も5月限は920円上がって7万6330円! 1Lあたりにすれば1円ながら、2月に入った時は6万5千円前後だったことを考えると10円の上昇である。単純に考えれば2月上旬の価格より10円値上がりするということ。140円だったスタンドであれば150円になります。

困ったことに相場は上がり続ける傾向らしい。中東情勢が不安なだけでなく、為替レートも円安に振れる可能性出てきた。需給事情だって逼迫している。我が国について言えば、火力発電用の原油も必要。ガソリンが下がる理由など無し。まず5月の連休(いつもガソリンが高くなる)に向け、高値を探る展開か。

最悪のシナリオはイスラエルのイラン攻撃。こいつが発生するとイランだって黙っていない。アメリカが徹底攻撃に出れば短期間で決着するけれど可能性低い。ということを考えると、イラン攻撃あれば石油高騰が相当期間続くと考えていいだろう。こうなると気になるの、ガソリン課税の特別措置どうなるか、です。

御存知の通りガソリン価格が3ヶ月連続で160円を超えると、25円減税になるというもの。この減税特例、21年度でも廃止の対象になっていた。しかし廃止反対の意見多く、継続されることに。特例を適用すれば、ガソリンがさらに高くなっても何とかなる。170円なら145円に下がりますから。

24年度をどうするかというニュースは全く流れてこない。3月に入って24年度予算のニュースが出てくれば、動向も見えてくることだろう。ただ特例廃止になっても国民は我慢するしかありません。抵抗する手段を持っていないからだ。10万円の補助金を貰えるウチ、燃費の良いクルマに乗り換えるか?(国沢光宏)

追記・軽油に対する特例措置は地方税のため県別対応になっている。青森県のように廃止を決めた県もあります。ガソリン税についちゃ国税なので廃止には国会の承認を必要とする。

posted by polishfactory5 at 20:55| Comment(5) | 2011>素晴らしい記事!
この記事へのコメント
もともと民主党の2009年の選挙公約でガソリンの暫定税率は廃止すると言っていた、ガソリン値下げ隊というのも自民党政権時代につくっていた、。
Posted by at 2012年02月26日 05:29
先日、kunisawa.asiaを読んだ後、ガソリンが140円台後半まで急に上がったのでびっくりしました。家族全員激安セルフスタンドに並ぶことになりそうです。
余計に、トヨタ・アクアが売れてしまいますね。
ガソリン高騰でもEVがまだあまり売れないのは、震災直後の計画停電や節電要請が頭をよぎるからなのかなとも思いました。
Posted by ぱんだねこ at 2012年02月26日 11:43
ガソリン価格が3ヶ月連続で160円を超えると暫定税率分25円を徴収しない、いわゆる、「トリガー条項」は大震災後に事実上の無期限停止状態になったと記憶しています。
現状の増税内閣の元では、トリガー条項の復活は期待薄ですね。
Posted by at 2012年02月26日 12:12
原油価格が必ず上がると分かっていれば、必ず儲かる。
原油価格を上げる方法を持っていれば、必ず設けることが出来る。
即ち、原油生産国に戦争するかもとアナウンスするだけで必ず儲けることの出来る国がある。
ガソリン価格の値上がりなど、取るに足らない、と言ってみたい。10km/リッターも行かない車のオーナーには痛過ぎ。妻に「あんたに食わすの無駄飯の方が痛いわ」と言われることが、もっと痛い!
Posted by マイスターキートン at 2012年02月26日 21:18
コツコツ買いだめしております(笑)
ようやく80リッター。
隣県が135円、最寄が140円です。90円代ってのも昔ありましたよね?

フツーに乗って実燃費30qを超えるクルマは、まだ存在しないんでしょうか?こういう時はトヨタを応援します(笑)
Posted by 那須与一 at 2012年02月27日 10:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。