toyotires
 


2012年03月05日

燃料電池の最新情報

2月29日から3月2日まで東京お台場にある東京ビッグサイトでは、「第8回水素・燃料電池展〜FC EXPO2012〜」が開催された。
01fcexpo

FC(Fuel Cell=燃料電池)車が一堂に会し、実際に試乗も可能というこのイベントだが、実のところ、今回試乗できたモデル、トヨタのFCHV-adv(2008 年登場)、日産のX-TRAIL FCV(同2005年)、そしてホンダFCXクラリティ(同2008年)といずれも登場からすでに、ずいぶんと時間が経っているモデルばかり。

もちろん、各社とも2015年には市販車投入を宣言しているわけで、開発は進められている。昨年の東京モーターショーでは、トヨタがコンセプトカー「FCV-R」を出展していたのが記憶に新しい。

水素タンクを搭載する必要もあり、これまで比較的大きな車両を採用(FCHVもクルーガー・ベース)していたが、一転、セダンタイプで、市販車投入を見据えている。このモデルは全くの専用ボディで、高効率パッケージを実現。同様に専用ボディを採用しているFCXクラリティとともにセダンモデルである。

02fcvr コンセプトカーとして登場したFCV-R。3サイズは4745×1790×1510mm。航続距離はJC08モードで700km以上を達成する

では、現在X-TRAILをベースに燃料電池車を走らせている日産はどうか? いまさらだが、燃料電池車というのは、タンクに充填した水素と空気中の酸素を利用し、化学反応で電気を起こして走行する電気自動車の一種。実はこのX-TRAIL FCVに使われているモーターEM61は、ピュアEVであるリーフで使われているものそのものであり、リーフのモーター制御などは、実はこのX- TRAIL FCVでのデータをベースに仕上げられているのだ。

日産では、2008年、そして昨年10月に、新しい燃料電池スタックの開発を発表し、燃料電池スタックを小型化&高性能化、そして低コスト化している様子を定期的に発信している。そもそも日産の燃料電池スタックの開発を振り返ってみると、2002年にFCVを製作した段階では、アメリカUTC フューエルセル社の燃料電池スタック(最高出力54kW)を採用していた。

しかし、翌2003年には早くも日産とUTCの共同開発モデルを採用した2代目へと進化(スタック最高出力63kW)させたモデルを登場させ、2005年登場の第3世代では、純日産製(スタック最高出力90kW)としてしまう。

世代の進化ごとによりコンパクト&高出力になっているが、第3世代で体積90Lであったものが、2008年登場の第4世代で体積68L(スタック最高出力130kW)、そして最新モデルでは、スタックの出力は85kWだが、34Lと前モデルの半分にまで小型化。この最新モデルでは、2005年モデル(現在X-TRAIL FCVに搭載しているもの)に対し、コストでは1/6にまで低減、と着実な進化を遂げている。

03fcstack  日産の第5世代となる燃料電池スタック。白金使用量や部品点数も大幅に低減

肝となる燃料電池スタックも小型化したことだし、高圧水素タンクをうまくレイアウトすれば、リーフに搭載することも不可能ではない。だが、担当者によると、それでは燃料電池車の存在意義が薄れてしまう、という。つまり、ピュアEVはCDクラスまで。それよりも大型の車両にFCVという役割を与えていくという方向。

では、引き続きこのエクストレイルベースで行くのか、と思いきや、「2012年度中には新しい試験車両を登場させますよ」とのこと。詳細は教えてもらえなかったが、「もう少し大きなクルマでね」というヒントをいただいた。どんなクルマが出てくるか、楽しみ楽しみ!(XaCARレポーター・青山義明)

posted by polishfactory5 at 01:55| Comment(0) | 燃料電池
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。