toyotires
 


2012年03月20日

電気自動車のインパネ

あなたのクルマには何インチのモニターが入っていますか? わが愛車のモニターは7インチ。もちろん、カーナビのもの。カーナビでは、大きくても 9インチといったところでしょうか。リアエンターテインメント用にと、天井に付けるフリップダウンモニターで10インチ前後から、大きいものでようやく 12〜13インチ。観光バスなどで19インチといったところだろう。

ここで紹介するのは 脅威の17インチサイズのモニター。17インチと聞くと、自分が大学に入ってひとり暮らしをしている時、手に入れたのが17 インチのブラウン管だったなぁ、というサイズ。それがどこに装着されているかというと…、もちろん、クルマのダッシュボード。インスツルメントパネルの中央だったりする。

Modelxinstrumentpanel これは、ピュアEVメーカー、テスラが先日発表したモデルXのインパネのイラスト図。来年国内販売をする次期モデル、モデルSでも同様のモニターがインストールされる予定

写真を見ればわかるとおり、17インチサイズのモニターを縦にインストール。この画面は全面タッチパネルとなっており、スマートフォンのように操作する。このパネルの中に、充電ポイントの情報や天候までも表示ができるカーナビ、スマートフォン類を接続しても楽しめるオーディオコントロール、そして室内温度調整はもちろん、車両に関するすべてのコントロールをこの画面上で行なうことができる。もちろん通信機能を備え(モデルSでは3GMに対応としている)ており、ネット接続も可能。

日産のジュークで採用されたインテリジェントコントロールディスプレイ(特殊なフィルターとふたつのLEDランプを採用し、ひとつの操作パネルでエアコンとドライブモードなど2種類の操作パネル表示を可能にしたもの)を見た時には、すごく先進的だと思ったが、そういったインパネの重要度の高い機能を、限られたスペースとなるインパネの中に組み込まねばならないという問題もらくらくクリア。

夏季の炎天下や、冬季の寒冷地といった厳しい使用条件での室内温度面でもクリア。運転中のドライバーの操作はNGとなるだろうが、ステアリング上の操作ボタンや音声操作も可能だ。もちろん、Bluetoothにも対応しているし、USBコネクタは4つ備えており、自分のスマートフォンのデータをそのまま車内に持ち込めるだろう。

ある意味、未来のクルマを具現化したような斬新なインパネ。これがまもなく現実に私たちの前に登場する。EVだけでなく、内燃機関搭載車でもこういった先進性を感じさせるインテリアの採用を歓迎したい。(XaCARレポーター・青山義明)

posted by polishfactory5 at 06:51| Comment(0) | 2011>素晴らしい記事!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。