toyotires
 


2012年03月26日

自動車から100Vを!

三菱自動車は14万9800円で電気自動車から100V/1500Wの電気を出す装置を発売した。リーフ用は未だ無し。しかし! 心配しないでもOK。おそらく100Vの1000Wくらいなら簡単に取れると思います。これ、右でリンクしている『ミニキャブMiEV』乗りさん自分のクルマで早速テストしており、全く問題なく稼働しているという。リーフも全く同じ状況だと考えていいだろう。

以前、羽田空港の駐車場でリーフの制御用12Vバッテリーを上げお手上げになってしまいました。救済策は簡単。制御用バッテリーに12Vをジャンプアップするのみ。これで瞬時に回路が稼働し始め、制御用バッテリーへも走行用バッテリーからDC/DCコンバーターを通して充電が始まり終了。ミニキャブMiEVの場合、1440W程度のまでの電力を引き出せるというから驚く。

リーフについているDC/DCコンバーターの能力を調べてみたら、定格で1650Wあるという。やっぱし! 制御などに使う電力も残さなければならないけれど、1000W程度までなら現状でも十分使えると考えていいだろう。ちなみにシガーライターから取った12Vをインバータで交流にすると100V/150Wまで。だからこそ34Wと70Wの電気毛布を使えるワケです。

話はズレた。シガーライターだと150Wしか取れないが、バッテリーブブンから12Vを取れば、DC/DCコンバーターの容量まで電力を引き出せることになる。ArchaeaさんはミニキャブMiEVで1130Wまで使ってみたという。ということでi−MiEVとミニキャブMiEVなら、1500Wのインバーターを制御用バッテリーに繋ぐだけで100V/1440Wを簡単に取り出せるのだった。

参考までに書いておくと、100V/1500Wのインバータは2万円くらいから購入可能。非常用電源や屋外で100Vを使いたいならインバーターを勝っておくといいかもしれません。ここまで書いて「もしや?」。プリウスの制御用バッテリーもDC/DCコンバータから充電している。これまた1500W前後のキャパを持っているハズだ。早速インバーターを購入。テストしてみます。

プリウスの制御用バッテリーが上がった時にジャンプアップする端子はボンネット内にある。ここにインバータを繋げば、ガソリンがある限り100V/1000W以上の電力を引き出せると言うことか? 可能なら被災時や停電時に絶大なる威力を発揮してくれる。今や国内に何十万台のハイブリッドがあることやら。それが全部発電機になるのだから凄い。(国沢光宏)
posted by polishfactory5 at 08:00| Comment(1) | 電気自動車
この記事へのコメント
家電製品で最も電気食うのは電子レンジで1000W。だから制御用バッテリからいただいた直流電気を、国沢さん解説の2万円ぐらいのインバターで100V1000Wを車内で利用できることになります。

この恩恵一番受けるのはキャンピングカーでしょう。電子レンジや炊飯器が使えればキャンプに多大の利便性発揮します。そして屋根に太陽電池があたりまえになる。

あと変わってほしいのは制御用鉛バッテリー。12Vバッテリーがリチウムイオンになったとき、コストが改善された証拠になるでしょう。ずばり2015年がその時期かと思います。
Posted by キャンピングカー at 2012年03月26日 09:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。