toyotires
 


2012年04月14日

キャラバンのディーゼル

新型キャラバンが間もなく発売となる。注目したいのはディーゼルエンジン。様々なウワサが流れているけれど、どうやらルノー製のエンジンになるらしい。となれば考えられるのはエクストレイルにも搭載されている『M9R』。M9Rならクリーンだし。ただM9Rだとコスト的に厳しいかもしれません。

とは言え新しいエンジンを開発してポスト新長期対応にしたなら、M9Rより高いエンジンになってしまう。一方、4ナンバーの商用車だと5ナンバーの乗用車ほど厳しい排気ガス規制は不要。コストダウンをしないとハイエース並の頒価にならない。だとすればM9Rの簡易バージョンかもしれない。

いずれにしろ新型キャラバンには乗用車仕様のディーゼルがラインナップされると考えていいだろう。トヨタはどうか言えば、技術的に商用車仕様でギリギリ。当面自社で開発したディーゼルエンジンで乗用車仕様ポスト新長期規制クリアするのは難しいかと。だったらスカイクティブDを買えばいい。

マツダは排気量の小さいディーゼルも開発しているという。やや心配なのが排気量で、どうやら1,4リッターになる模様。何度も書いてきた通り、1,4リッター級はコスト的に折り合わないと言われている。されどNOx触媒が不要なスカイアクティブDなら、ハイブリッドよりコスト的に安くなる可能性大。

現在2リッター級くらいまでのガソリンエンジンを搭載しているモデルに搭載してくれば十分な価格競争力を持てるかも知れない。出来れば今後ディーゼルの主力になる1,6リッター級エンジンをラインナップしたらいい。トヨタやスズキなどが買ってくれればマツダもイッキに楽になるのだけれど。(国沢光宏)

posted by polishfactory5 at 21:01| Comment(6) | ディーゼル
この記事へのコメント
キャラバンのクリーンディーゼルは興味ありまくりですねー。
M9Rエンジンがそのまま使われるのならかなり。
あとは以前紹介されたV6のディーゼルとかも入れてくれると更に面白いですね。商用車としちゃ明らかにオーバースペックでしょうが、かつてのように乗用ワゴンの設定があったっていいような。

そして、トヨタが何故か出していないワイドミドルルーフのスーパーロング仕様とかもあったら尚、面白いんじゃないでしょうか。

ハイエースのスーパーロングは大抵の「立体駐車場」に入ることができないので…。
Posted by Nankei at 2012年04月14日 23:17
アトラスの(エルフではない方)ディーゼルではないのですか?
わざわざ横置きを縦置きにして、ミッションは…旧型流用?
それならアトラス用持ってきて、ミッション流用した方が商用ユースに対する耐久性も確保できて、むしろ安くなる気がしますが…
ルノーエンジンでしたか…
Posted by 牧場主 at 2012年04月15日 00:25
小さなGSでは軽油を扱わないところがある、扱うと大きなトラックが入ってくるため、乗用車が増えればそうゆうとこも軽油をはじめるだろう早くジーゼルの乗用車が市民権をえるといい。
Posted by at 2012年04月15日 08:30
最近なにかとディーゼルが話題ですが、ナノ粒子の存在が気がかりです。個人的にですが放射能のような存在であると思っています。いえ、ひょっとすると今後爆発的にディーゼルが飛躍すると、目では見えないし、飛散量もたぶん花粉の比じゃないと思われます。ナノ粒子は直接血管にまで入り込むそうです。この問題をもっとメディアは取り上げて欲しいです。
Posted by at 2012年04月15日 18:49
ディーゼルは欧州ムラーノと同じYD25型日産製では・・
Posted by at 2012年04月16日 12:37
欧州メーカー各社では1.6リッターが多いと聞きますが、もしかしたらNOx触媒が不要なスカイアクティブDなら、1.4リッターでも性能的に他社の1.6リッター相当のスペックが出せるかも知れません。

2.2リッターでもあの性能ですから、仮に1.4リッターなら1.6リッターよりもコンパクトに作れますし、プレマシーやアクセラは当然として、もしかしたら次期デミオにも乗るかも知れません。

実際、動画サイトでマツダ 人見氏のインタビューでスカイアクティブGとDを同じ圧縮比14にしたのは、軽いアルミ製を使いたかった事とシリンダーブロックをGとDで共用する事が出来る様にしてコストを下げると言う様な事を言っていました。
Posted by eburico at 2012年04月19日 19:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。