toyotires
 


2012年04月16日

ナノ粒子とは?

最近ディーゼルエンジンに関して明るい話題が多い。しかし。ディーゼルには大きな不安材料も残っている。この件、私は2003年から紹介してきている。「ナノ粒子」と呼ばれる物質だ。一昔前の「黒く見えるディーゼルの排気ガス」は、10ミクロン(現在ミクロンという単位は正式でないが使います)以上のサイズを持つ。

10ミクロンと言っても解りにくいだろうから、1ミリを全長10mのクジラだとすれば、全長10cmの金魚である(このスケールに当てはめると花粉はニジマスサイズ25〜50cm)。こいつを「DPF」という網ですくってやれば、いわゆる『PM』と呼ばれる黒煙は見えなくなる寸法。臭いも大幅に減ると考えていい。

ところが微粒子の計測技術の進歩により、もっと細かい粒子も出ていた。加えて人体の有害なのは、微粒子であるという研究結果も出始める。アメリカは『PM2,5』と呼ばれる、2,5センチのメダカ級粒子まで規制することを発表。直近では50ナノメートル以下(ナノ粒子と呼ぶ)まで論議されるようになってきた。

このサイズ、1ミリを10mのクジラだとすると、ノミである。ミクロン単位のPMは肺の外側に付着するだけだけれど、ナノ粒子になると肺胞を通過。ダイレクトに血液に混じり込み、アレルギーを起こす「igE抗体値」が徐々に高くなる。花粉症やアトピー性皮膚炎、ゼンソクを発症する、と多くの研究機関が発表してます。

興味深いことにガソリンエンジンからもナノ粒子は出ている。化学の専門家に聞きてみたら「ディーゼルエンジンから排出されるガスの方が複雑で長い分子構造を持ってます。ガソリンエンジンの排出物は自然界にあるような簡単な分子構造だから、生物にとって有害でないのかもしれませんね」。

困ったことにナノ粒子を除くことは難しい。コモンレール直噴に代表される燃料の高圧化を行うと「むしろ軽油の粒子が細かくなりナノ粒子は増加する」と言われるほど。ちなみにナノ粒子が人体に与える影響は本格的に研究され始めたところで、もし「有害」と判定されれば、即座に世界的な規制が始まることだろう。

ディーゼルエンジンはどうすればいいか? 今のところ対応策が二つある。1)CNGと呼ばれる圧縮天然ガス(気体)を使うか、2)天然ガスから作ったGTLと呼ばれる液体燃料か、だ。いずれも本格的に流通するようになれば安価だしクリーン。軽油代替燃料の本命になるかもしれません。(国沢光宏)

posted by polishfactory5 at 09:57| Comment(4) | ディーゼル
この記事へのコメント
ディーゼルだけでなくガソリンを含む内燃機関はやはりなくなりますね。10年以内に燃料電池車の時代やってくると思います。

燃料電池車といってもトヨタやホンダが開発してる超高圧タンクから水素供給して低温で発電するPEFCでなく、去年からガス会社が家庭用発電蓄湯装置として発売してるSOFCが本命になるでしょう。

PEFCのような改質でのCO発生で触媒いためることもないし白金などの高価なメタル必要ない。難点は運転温度が高いので短距離運転には不適なことですが、リチウム電池と組み合わせたプラグインにすれば問題ない。
Posted by SOFC at 2012年04月16日 10:27
こんにちは。
似たような話を、ずいぶん前に知り合いから聞いた様な気がします…直噴ガソリン車も目に見えないだけでススが出てるとか…ディーゼルみたいなフィルタをつける日が来るかも…とか…ディーゼルスモークは、粒子一つ一つ数える程にまで排ガス規制が強化されるやも…とか。
とはいえ、今のガソリンやディーゼルに代わる様なクルマができるとは…今、世に出回っている電気・CNG・LPGなどのクルマ達をみている限り…思えません。
私は20年経っても(今よりも電気自動車やレンジエクステンダー付きEV、又はプラグインハイブリッドの比率は増えるでしょうが)燃料電池車が普及する事は無いと思います。
住宅用でいいのではないでしょうか…それでEVに充電。
Posted by 牧場主 at 2012年04月16日 20:05
ディーゼルエンジンの排気ガスは体が拒否反応を起こす。
ひとつは、昔の真っ黒い煙を出しているとき、一酸化炭素の比率がガソリンエンジンよりも少ないのでクリーンだから他の排気物質は、ガソリンエンジンよりも規制を緩くする。???の説明に殆どの人が気づかない。そんな嫌な思い出があること。
もう一つは単純。体に悪いものを悪いと感じることは大切だと思う。
ただ、酒にラーメンにetc.悪いと分かっていて摂取するものもある。それでも感性を鈍らせることにはなりたくない、と云うことですわな。
Posted by マイスターキートン at 2012年04月16日 23:06
なんか、待ってましたというよな、コピペですが、今は、ナノ粒子に関して時間が止まっている感じですね。とり会えず、各メーカーにおけるナノ粒子に関しての認識を問うて欲しいですね。最新の現状が知りたいです。たぶん、空気を読めよ、というような雰囲気に国沢センセはつつまれるでしょうが^^
Posted by at 2012年04月17日 05:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。