toyotires
 


2012年04月19日

エコカーカップ開幕!

“速さ”と“燃費”を高次元で両立させなければ勝てない、ハイブリッドカーを使ったレース「Eco Car Cup」。4月14日に富士スピードウェイショートコースで開催された第1戦。天気は大雨…という最悪なコンディションでしたが、事前の予告通り(!?)、総合優勝しました〜!!(パチパチ)。
01
前回同様に、最大のライバルである「童夢レーシング」のスーパーインサイトとの一騎打ちになるかと思いきや、今回がEco Car Cup初出場となるプリウスの弟分、コンパクトハイブリッドの「アクア」が大健闘しました。
02

完全なノーマル車両にも関わらず、2台のスーパーハイブリッドに近い“速さ”と“燃費”を記録していたのには驚き!! ちなみにアクアの車両重量は1050〜1080sに対し、プリウスは1310〜1380s。カーボンを用いて150sの軽量化をしても、ノーマルのアクアのほうが軽いのです(汗)。

今後、アクアの軽量化チューニングが進んでくると、童夢レーシングよりも強敵になりそうな気配も。次戦のためにもうちょっと手を入れないといけませんね(汗)。まさに「勝って兜の緒を締めよ」です。

03
普通のレースとは違って、最後まで結果がわからないのがEco Car Cupの面白い所。目には見えない“超接戦”バトルを「Carbon Tras with XaCAR」チームはどのようにして制したのか? 5月10日発売のXaCAR6月号でお届けします。(XaCAR編集部・山本)
posted by polishfactory5 at 08:36| Comment(0) | イベント>EVイベント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。