toyotires
 


2012年04月23日

日産24時間充電へ

日産リーフ&三菱MiEV系オーナーなら周知のことだ思うが、EV稼働日として、火曜日は週のうちもっとも動きづらい曜日だ。というのも毎週火曜日は店休日としているディーラーが多い。

もっとも航続距離内、しっかりしたルート計算ができている場合は問題ないが、イレギュラーな動きがあるような場合は、気をつけなければならない曜日である。また、夜間といかなくても、営業時間内にたどり着けず、充電サービスを受けられない、なんてこともあるはずだ。

Leaf

ちょっと強引に言ってしまうと、火曜日と夜間は、急速充電ポイントが確実に減少していることになる。この部分は、公共施設やサービスステーション、もしくは高速SAにある急速充電器に頼らざるを得ない状況だ。

まもなくやってくるGWも然り。渋滞等で予想外・予定外の動きを強いられる可能性もある。そうしたことに対する動きが実際に動き出しそうだ。今年 2月に誕生したジャパンチャージネットワークが、まずは「お試し」ということで、神奈川日産、日産プリンス神奈川と共同で、この時間外充電サービスを4月 23日より開始する。

Dsc_0440
「お試し」の充電は、うれしいことに無料。「お試し」として開放される充電器は、日産ディーラーのものなので、営業時間中は有料(日産ゼロ・エミッションサポートプログラムの会員は無償)の機器であるが、今回はあくまで「お試し」という実証実験のため優遇されているというわけだ。

店舗の開店時間を気にせずに充電も可能となれば、EV移動の制限がひとつ外れたこととなって、これは非常にうれしい。ただし、残念なことに、充電サービスが受けられるのは神奈川県内10か所のディーラーのみ。また、充電には、事前申し込みが必要な認証カードが必要であること。この10店舗には、すでに認証カード対応の急速充電器が用意されており、認証カードを充電器のコントローラにかざして、充電する。

それと、ディーラーでの充電はスタッフが行なっていたが、無人状態の店舗だから、充電の作業はオーナー自らが行なう必要がある。

 ちなみに認証カードの申し込みはメールにてジャパンチャージネットワークへ連絡をし、申し込みをすることとなる。申し込みおよび対応店舗の詳細は以下のホームページを参照のこと。
http://www.charge-net.co.jp/

ジャパンチャージネットワークでは、全国へのネットワークを拡大し、この認証カード対応の急速充電器を順次設置していく予定という。早めのネットワーク拡大、たとえば秋のシルバーウィークでのさらなる普及拡大を期待したい。

この認証カード対応機は課金対応にもなっているので、もちろんお試し期間が終了すると、有償化に移行するだろう。そちらの対応はできるだけ遅くしてほしい、というのが本心だが(XaCAR・レポーター青山義明)

posted by polishfactory5 at 06:00| 急速充電施設