toyotires
 


2012年05月04日

停電に備える

プリウスにインバータ繋ぎ、2時間ほどAC100Vを使ってみた。接続方法はリアのバッテリー端子からワニ口クリップのブースターケーブルで1500Wのインバータに繋ぐ、というシンプルな方法。プリウスのDC−DCコンバータ出力は1680W。電気は80%くらいにしておけ、と言われるので、1344W。さらにインバータ効率を80%として1070Wを上限とした次第。

結論から書くと、全く問題なし! ブースターケーブルとワニ口グリップはホンノリ暖かい程度。インバータも発熱しているが、お風呂のお湯に届かない感じ。その間、プリウスはエンジン掛かったり止まったりを繰り返していた。もし計画停電になり、その間も絶対に電力を落とせない機器があるような人でトヨタ方式のハイブリッドか電気自動車を持っているなら大いに有効。

ハイブリッドや電気自動車は持ってないし、そもそも駐車場から遠い人であれば、今のウチに携帯式エンジン発電機を購入しておくことをすすめておく。夏が近づけば、またぞろ品薄になって買えなくなり、しかも相場だって高くなること必至。今ならコストコに行けばスバルの『SGi14』(1400W。ガソリン3,5リッターで3時間半稼働)が89800円だったと思う。最安値ですね。

ちなみにSGi14は高品質のAC100Vなのでパソコンや医療機械、高品質モータの稼働も出来る。もっと低い出力の携帯発電機も出回っているが、家庭用の停電宅策ということを考えれば1400Wクラスじゃないと厳しいんじゃなかろうか。いずれにしろ夏場に向け早めに手を打っておくこと。ドタンバになったら発電機もインバータも入手難になると思う。(国沢光宏)

posted by polishfactory5 at 23:15| Comment(5) | ECO用品
この記事へのコメント
夏に計画停電というと、また熱中症で倒れる人が増えるような。寒いのなら、重ね着でしのげるのですがね。
エアコンは、かなり食うからその時はプリウス車内にて待避するしかないのですね。
Posted by ぱんだねこ at 2012年05月05日 21:44
よくニュースキャスターやタレントがこれだけ寒い冬を凌げたんだから、今度の夏は大丈夫だよ。もっと節電やればいいと軽々しく喋っていることにいつも憤りを感じます。
何故なら、多くの国民は暖房には石油かガスを燃料とする機器を使用しているからです。特に、高齢者の方には冬にエアコンなんて贅沢だと思っていいる人が多いです。
で、夏はというと電気以外で冷房する手段は皆無です。節約すればいいと言っている方々は大勢いますが、「まず貴方がやりなさい」と言いたいです。
単純に15%節約して下さいと言われても1月に500KW消費している人と100KW消費している人では負担が全然違います。何故なら500KWの方が15%削減するには5部屋のエアコンのうち1部屋使用しないようにすれば達成できますが、100KWの方はそもそもエアコンを使用していなく、扇風機をうちわにしないと達成できないからです。節電は消費税と同じで逆進性が大きいのです。
そもそも、節電を今後ずっと続けることを強いるなら、日本の経済活動が縮小して行き弱者に負担が大きくなり企業は海外にどんどん出て行きます。
Posted by tonpochi at 2012年05月06日 00:59
TVでインド出身のコメンテイターがインドでは停電がしよっちゅうあり別におどろかないといつていたが日本では命にかかわる人がいる、病気の人とか信号がとまると事故が起こるかも、電車やエレベーターもとまる、この夏関電関内のりきれるか?夏の昼間のピークだけしのげば原発稼動しなくてすむ、日産のゴーン社長が原発稼動して欲しいと言ったらしい。

Posted by at 2012年05月06日 08:20
節電を簡単なシステム(設定)で出来ます。
夏の暑い電力のオーバーしそうな時間帯は予測できますので、”この時間帯のテレビ放送を休止すればいいのです。
全国でTVがすべて止まれば、電力余りすぎます。
2〜3時間テレビ見なくても、国民生活には問題は生じないでしょう、テレビの無い生活もなかなかの物、地デジになってからまともな番組やっていませんし(笑)。
この間は乾電池でラジオでも聞いてください。
夏の甲子園中継で、昼間使用電力最高なんて過去ありました。
ただ、録画して見る人やレンタルビデオは自主規制でお願いします。
Posted by 風じ at 2012年05月06日 09:04
揚水発電は効率が悪い、夜間水を上のダムまでくみ上げるのだがそれに使うエネルギーは発電量の1,3倍だそうでエネルギーをみすみす捨てていることになる。
Posted by at 2012年05月08日 13:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。