toyotires
 


2012年05月18日

プリウスの強敵出現!

アメリカ発のニュースを二つ。一つ目はレクサスHS250hの将来。新型カムリHVの登場で、HS250hの存在感は全くなくなってしまった。日本でもカムリHVのデビューでSAIとHA250hの売れ行きがガックリ落ちた。こらもう誰だって瞬時に分かるくらい走りや質感や燃費まで違う。トヨタだって覚悟していたろう。

アメリカの4月の販売台数を見たら、カムリHVの4406台に対し、HS250hは28台! 無残な状況である。日本でも月販目標3千台だったSAIは、ECOカー補助金の交付が決まる前の2011年の平均販売台数1062台という状況。ちなみに月販目標500台のカムリは今年に入って平均2438台売れている。

SAIもHS250hも今年になって急増しているけれど、平均1000台前後。ここまで読んで「それならSAIとHS250hの古いパワーユニットをカムリHVと同じにすればいい」と思うかもしれないが、エンジンの大きさの関係で換装できないのだという。どうやらSAIとHS250hは生産中止になると考えたほうがよさそう。

二つ目はプリウスの対抗馬、ついに登場というニュース。フォードがプリウスαと極めて近いスペックを持つ
『C−MAX HV』の受注を開始。驚くべきは価格で、何とプリウスα(アメリカではプリウスVと呼ばれる)より500ドル安い2万5995ドルだという。しかも燃費や室内の広さでもプリウスαを凌ぐというから脅威。

ちなみにフォードのハイブリッドシステムはアイシンが生産しており、基本的にトヨタのシステムの兄弟。さらにリチウム電池を使いながらニッケル水素電池のプリウスαより安いというからタイしたもんだと関心しきり。組み合わされるエンジンはアトキンソンサイクルの2リッターです。プリウスの天下は終わった?(国沢光宏)

posted by polishfactory5 at 10:41| Comment(3) | ECO(経済)なクルマ
この記事へのコメント
HS250hのユーザーとしてはショッキングな内容ですが、このままだと消滅ですね、ていうか何もせず古いエンジンで売り続けるのもどうかと。フルモデルチェインジで置き換えるスペースを作れないんでしょうか。
Posted by プログレコ at 2012年05月18日 16:21
トヨタの特許の壁をどうやって超えたんですかね?
政治力?
Posted by at 2012年05月19日 18:25
勘違いでしたらごめんなさい、アイシン製のシステム使ってたのは先代フュージョン・エスケープのハイブリッドまでで今は自前のシステムじゃありませんでしたっけ?
Posted by at 2012年05月20日 14:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。