toyotires
 


2012年05月20日

三菱頑張れ!

三菱自動車のパイクスピーク用『i−MiEVエボリューション』を見てきた。スペックは先日紹介した通り。意外だったのは80kWという出力を持つモーターが、i−MiEVのノーマル(47KW)と全く同じだったということ。数字を聞き、改良型だとカン違いしてました。ノーマルのモーター、めちゃ余力あったのね!

5201e.jpg

ちなみに80kW=109馬力。何とリーフのモーターと同じ出力でございます。最大で12分くらい全開に出来れば良いため、今まで使っていなかったパフォーマンスを引き出せるのだろう。これを3個使うため、合計240kW=326馬力! モーターの出力はディーゼルの出力と似ている。1,5倍換算でちょうどいい?

となれば490馬力。しかもガソリンエンジンと違って気圧の低い頂上付近でもパワーダウンしない。700馬力程度の走りをすると思っていいだろう。電池搭載量は35kWh。リーフのモーターと電池を使う『リーフRC』を全開で走らせると40kmくらい走れる。80kW/24kWh/40kmというパラメーターだ。

5202e.jpg

240kWの35kWhなら、さらに全開率の高いヒルクライムでも20km持つだろうという計算。ただ10分少々で全ての電力を出し切らなければならない。i−MiEVと同じスペックの電池を10分使い切れる(逆に考えれば10分で急速充電出来る、ということ)のだろうか? 少し不安な電池容量です。

開発チームも電池容量についちゃ不安があるらしく、最終スペックは決まっていないそうな。出来れば40kWhくらい積みたいところ。3つのモーターはフロントに1個。リア2個を搭載。これまた最終的な煮詰めを今後行うという。メガウェブで増岡さんにもっと詳しく聞こうと思ったのだけれど、私がテンテコ舞いでした。

ちなみに車名を見て「おお!」。当然来年はエボリューションUでしょう! とりあえず3年計画くらいで総合優勝を狙う意気込みのように思えました。今年のパイクスピークで一つでも二つでも光るトコロを見せてくれたら全力を応援しちゃいます。とりあえず今年は「クラス優勝狙いです!」。(国沢光宏)

posted by polishfactory5 at 20:09| Comment(1) | イベント>EVイベント
この記事へのコメント
田舎住まいの私は、メガウェブフェス会場に行くのは難しいので、ネット探索です。
ところが、i-MiEVエボのスペックは出ていたのに、モンスター田嶋さんのマシンは実車の画像すらまともな物が無い!
公式フェイスブックにすら無い!

原因は、明日21日にNHKでの特集放送があるため…なのか??

明日21時からNHKを見ろ と言うことなのでしょう。

また1日お預けです。
Posted by アップルベリーフィン at 2012年05月20日 21:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。