toyotires
 


2012年06月02日

リーフの電池は20年

リーフtoホームについては様々な意見があると思う。「そもそもクルマって使うモノでしょう」から始まり「電池の寿命を短くする」あたりも出てきそうな疑問点かと。確かに家やリーフtoホームのある場所にリーフを駐めておかないと機能しない。通勤で使っているような人だと、そもそも意味無し。

ただクルマの使い方は様々。私の家のリーフについて言えば、昼間は週に5日間くらいガレージでお休みしてます。通勤以外の用途でリーフを使っている人の多くが、同じような状況だと思う。ウソだと思うなら近所を散歩してみて欲しい。昼間にガレージに置いてあるクルマって案外多かったりする。

電池の寿命だけれど、私も1年ほど前に興味あって三菱自動車と日産両方の電池開発担当者に問うてみた。すると口を揃えて「ほぼ影響ないと考えています」。クルマが電力を使用する時の量に比べ、圧倒的に少ないからだという。考えてみればクルマは50kWくらい簡単に使い、回生で30kWを詰め込んでくる。

50kWと言えば100Vなら500Aに相当する。30Aの家庭16軒分だ。1軒で使う量なんて最大で60A程度。余裕のよっちゃんでございます。その程度の出し入れでは電池が劣化することないないそうな。むしろ電池の寿命を有用に使うことを考えれば、リーフtoホームのような使い方をすべきなのかも。

もっと言えば、12年くらい今のリーフに乗り、次の電気自動車に乗り換える際、今使っているリーフの電池を取り出してリーフtoホームに組み込めばいい。自動車用としちゃ容量が減って使えなくなった電池も(容量70%以下になったら航続距離が短くなる)、リーフtoホームの組み込んで家庭で使えば何ら問題なし。

という計画なら何の問題もないと思う。私は現在54歳なので、あと10年リーフに乗れば64歳。次の電気自動車を買い、クルマの寿命が来る前に死ぬかと。今使っているリーフの電池の寿命は20年くらいあるというので、リーフtoホームの構成要員として残るという寸法。そう考えると今の電池が愛しいです。(国沢光宏)
posted by polishfactory5 at 08:00| Comment(6) | ECO用品
この記事へのコメント
リーフtoホームってクルマを売るアイデアとしては今の日本では自然な流れだと思うけど、不自然だと感じるのはクルマから切り離して単独での販売があまり表に出てこない事。国内においてはクルマ売るよりよっぽど需要があると思う。何かの圧力があるのだろうか?
Posted by minmin at 2012年06月03日 10:30
我が家ははぴ eプランに入っているので
昼間の電気代は3倍に跳ね上がります
先生の言うとおり、家も昼間は車使わないので
その3倍の時間を1/3で買った深夜電力の蓄電で
賄えたら家計は大助かりです

ですが、どう考えても見た目がスマートじゃないです。
配線隠しは個人差あると思いますが
ドッキング部分丸見えなんてかっこ悪すぎます

あと影響がないと言うのならメーカーは最低でも15年は
保障をつけるべきです
Posted by YOU at 2012年06月03日 17:42
もしLeaf To Homeを月々3000円で我が家に適用すると、週日の昼間は誰も不在ながら冷蔵庫や待機電力がまかなえるので、太陽光発電量がまるまる48円/kwで売れます。たぶん、儲かると思うのですが、どうでしょうか?
Posted by yiu at 2012年06月04日 20:22
我が家(太陽光7kW)の昨年実績で試算すると、充放電効率等低めにみても、年間9万円以上の効果がありそうです。やはり太陽光の売電増収分が大きいです。車は動かしてこそ、との意見もありますが、我が家では基本的に車で外出中は家にだれもいないので。もはやリーフ乗りで1軒家なら買わない理由がみあたりません。あえていえば、帰ったら毎回ケーブルつながないといけないことくらい?
Posted by manapon at 2012年06月04日 23:03
国沢さんを含めて誤解があるようなのでコメントします。Leaf To Homeを配電盤につなげると、ダブル発電設備として電力会社に捉えられ、太陽光発電の売電価格は下がります。例えば、現状10年間42円/kwhの買い取り価格であれば34円になります。買電が生じないので、Leaf To Homeを導入すれば太陽光発電量はまるまる売れますので、経済的効果も大です。
Posted by saocha at 2012年06月09日 23:08
ずっとリーフを駐車しておくと、
お徳かもしれませんが、
リーフtoホームを設置しておきながら、
充電するだけで、
いつも昼間は出かける方は、
太陽光発電の売電だけがー8円/kwhになるので
大損ですかね?
Posted by at 2012年08月14日 22:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。