toyotires
 


2012年06月18日

NV350登場!

NV350が発売された。ポスト新長期規制をクリアする国産小型ディーゼルとしちゃ6車種目になる。しかし。残念ながらハイエース同様、ワゴン仕様のディーゼルは設定されておらず。乗用車の排気ガス規制をクリア出来なかったのだった。乗用車の規制、商用車の規制より若干厳しいのでございます。

そう考えれば後処理に尿素も使わずポスト新長期規制をクリアしたパジェロのディーゼルはタイしたモンだと感心しきり。尿素使ってもいいので、ランクルあたりもポスト新長期規制をクリアさせたディーゼルが載ってもいい。やはりトヨタはディーゼル技術で遅れを取ってしまっている、ということ。

ちなみにハイエースの3リッターディーゼルとNV350の2,5リッターディーゼルは、スペックを見る限り後者が優勢に思える。最高出力こそハイエースの144馬力に対しNV350は129馬力。2,5リッターもあるディーゼルで129馬力って、10年前のディーゼルの水準である。170馬力くらい欲しい。

ただ最大トルクが36、3kgmと、30,6kgmのハイエースを凌ぐ。普通のペースで走っている限りNV350の方がパワフルに感じると思う。ジェントルに走ってNV350。飛ばせばハイエースというイメージだろうか? となればユーザーの傾向からしてハイエースの勝ちになるかもしれませんね。(国沢光宏)

posted by polishfactory5 at 10:24| Comment(2) | ディーゼル
この記事へのコメント
ただ…キャラバンは、5速ATやし…高速は、キャラバンがええん違うかな?って思いますが?

200系は…直噴エンジンなってからは…エンジンノイズがうるさいです。

キャラバンが、どんなエンジンノイズになってるか興味深いです。
Posted by 酔っぱライダー at 2012年06月18日 18:55
ハイエースは盗難数がずっと1位で盗られて海外へ送られるらしい、外国人がトヨタハイエースと指名するらしい、あと盗られるのはやはりトヨタのランドクルーザーで、どちらも丈夫で実用的でヘビーデューテイな用途に耐える、2輪車ではホンダのカブが盗られて海外へ送られるらしい、ハイエースは年式が古くなったり多走行で日本で商品価値がなくなっても海外に買われるらしい、海外のニュース映像で横っ腹に日本語で店の名前が書いてあるハイエースをみたことがある。
Posted by at 2012年06月19日 09:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。