toyotires
 


2012年06月20日

超小型車2車種?

基本的に役所がやることって遅い。されど超小型車を巡る動きを見ると「拙速」です。まもなく認証を行うと言われている超小型車は2車種になるというウワサだ。日産の小型電気自動車とコムスだろう。この2車、なるほど定員1名から2名。その他のスペックも国交省が公言している超小型車そのものである。

ある自動車メーカーに「軽自動車の優遇税制が見直されるのでは?」と聞いたら「そんなこと絶対ないと思います」。ノンビリしている。ホントに軽自動車7200円。1リッターカー2万9500円の自動車税額に正当性があると考えるのだろうか? 軽自動車の税額は2万円くらいでも全く不思議じゃない。

その場合、税額の安い超小型車が存在していれば逃げ口上は完成する。というか超小型車が売れなくたって影響なし。税収増えればいいだけですから。2014年度から1万円か1万5千円。すぐ2万円くらいになるんじゃないか、と私は読んでます。軽自動車ユーザーは2万円ならイヤイヤ払うだろう。

ちなみに最近の日産は動きが早い。白い状態の時からドンドン手を打ってくる。リーフtoホームも、ライバルメーカーに聞くと「東京電力しか使えないハズ。いや、そもそもリーフtoホームみたいなことは出来ないという解釈です」。出来ないのでなく「そういったことを想定した法規じゃない」が正しい表現ですけど。

100万回も書いてきた通り、役所の速度に付き合っていたらナニも進まない。だったら禁止されていないことを良識の範囲で行い、既成事実を作るのも悪い手じゃないと思います。(国沢光宏)

posted by polishfactory5 at 22:44| Comment(12) | ECO(経済)なクルマ
この記事へのコメント
東電ほか日本の電力大手は、昨年の原発事故による電力不足で、V2Hまでは仕方ないから良いか…と許容する雰囲気になってるようです。

もちろん、電力自由化や発送電分離とも密接に絡んでくるV2Gはもってのほかと考えていますが。

欧米ではV2Gの研究開発の方が盛んな状況を見ると、私的にはV2Hもガラパゴス化する危険のある技術と言う気もします。
Posted by tm256 at 2012年06月21日 01:20
昔は軽自動車は我慢車だった、狭い、パワーがない、エアコンがないなど、軽のリアシートはからだを縮めて乗っていた、助手席に乗ると足がシフトレバーに当たりそうになった、そのかわり税の優遇や地方では車庫証明が要らないとか大昔は車検さえなかった、今はサイズや排気量の拡大やメーカーの努力でリッターカーとほとんど遜色がない何も我慢するところがない、ただ日本だけの規格でほとんど輸出出来ない軽はリッターカーよりコストが厳しいのでは、輸出しているフィツトやビッツの方がメーカーの力が入っているのでは。
Posted by at 2012年06月21日 09:50
軽を褒め称える人たちに問いたい。

「軽の優遇税解除されても軽えらびますか?」


軽は税金の安さで持ちこたえてきた形骸規格です。必要ない規格にただ税金の安さで我慢を強いてきたあってはならない規格です。

それどころか、全幅1600mmで850ccあたりのほんとうに必要なコンパクトカーが出てこない悪さを50年間行なってきたことになります。

Posted by 軽不要 at 2012年06月21日 09:51
1000cc  アジア カー ドミンゴ
規格が適当かな 年1万やむをえない

安全性が最も重要
Posted by vwD at 2012年06月21日 11:54
政府の思う壺にはまっているのに気づいていないのか、あきらめているのか。

元々自動車関連の税は多すぎ高すぎでは。消費税と取得税は2重課税で、ガソリン税に消費税を課するのも2重課税(財務省は屁理屈をこね否定してますが)。

自動車税も軽自動車の税をどうするかというよりも普通車の税が高すぎるとも言えるのでは。消費税と取得税に加えて重量税まで払っており、政府にとってはこんなありがたい国民は他にいないですね。

万一、消費税増税や軽自動車優遇廃止で税収が増えたとしても、シロアリのエサになるだけです。まさに政府の思う壺。
Posted by うごめくシロアリ at 2012年06月21日 12:09
軽はいいよ。ひとりで乗るなら最高の足になる。幅1480mmちょうどいいです。高さ1600mmくらいなら文句なし。私はムーブラテに乗ってるが燃費も16km/l以上走るし遠出すれば20km/lにせまる。中古だけどかわいいヤツだよ。
私は自動車税が2万円でも軽に乗る。希望は12000円までですけど。
Posted by ノーマルマン at 2012年06月21日 13:24
軽不要とおっしゃる方は、今の不当に高い普通乗用車の税金、自動車関連税についてどう考えているのでしょうかね?
こういう方の軽自動車不要論が、まんまと官僚の増税策に利用されてしまうんでしょうね。

軽不要さんはなぜ軽自動車の税金が普通乗用車並みに「上げる」ことを想定して話すのかがとても不思議でなりません。

それよりも何故「アメリカ等に比べて不当に高い普通乗用車の税金を下げるべき」と言わないのでしょうね。
そんなに多くの税金を払いたいのでしょうか?

普通乗用車の税金が、軽自動車並みに「下がれ」ば、自然と、軽不要さんが仰るような全幅1600mm850ccの車ができるよい土壌が出来るかもしれないと思うんですけどね。
不思議ですね。
Posted by CVCC at 2012年06月21日 13:57
メーカーは乗り気じゃないみたいですね。
だって、4人乗れて燃費が公称30qの軽が70万。2人しか乗れないクルマはせいぜい30万じゃないと誰も買わない?
というか日本離れしている日本メーカーが採算合わなければ作らないと思うのです。

公道で走らせるようですね。頑張って役人!
実験台は恐怖を味わうはずです。

ミツオカBUBU503元オーナーが言うんだから間違いないです(笑)

では、
・80q以上走行可能
・幅は軽と同じ
・価格は50万以内
・税金がタダ同然の優遇措置
・もしくは5千円以内で、軽自動車の税金が2万5千円オーバー
でないと売れないと思います。

あ〜、これで既成事実を作って
「税金の安いクルマに乗りたいならミニカー」
「2万5千円払ってもいいなら軽」
とやるつもりなんですね。

更にアメとムチで、ミニカーが5千円、軽が1万という制度にして、国民を黙らせる作戦なんでしょう。

選挙があっても、官僚は変わらず。
その結果、亡国となるのがわからんのですね。
誰も働かないし、モノも買わないですよ。
どうしたらいいんでしょうか?
Posted by 那須与一 at 2012年06月21日 14:48
私も自動車税が2万円でも軽に乗りますね。

今は現行ムーヴに乗ってますが、燃費でも高速でも山道でも不満は全くありません。
室内高がリッターカー辺りよりも高いので、広さはこちらの方が感じます。

こちらも市街地の車線のない道ではルール無用の自転車や高齢者も多く、軽の狭い車幅はこんな所でも普通車より気楽に走れますし。

ただ、もちろん(?)今の税制体系は全く合理的ではないふざけたもので、早急に是正すべきだと思っています。
Posted by 地方民 at 2012年06月21日 18:55
確かに、現行軽自動車の規格は横幅狭い、エンジンパワーない、燃費良くないと問題はありますよ。
でも、田舎に行くと、軽自動車でないとすれ違い出来ない農道が山ほどあります。
仮に軽自動車の規格を抜きにしても『軽トラ』の需要は相変わらず続くんじゃないですかね?私も軽の四駆+ターボを、通勤と仕事に使ってるけど、田舎では小回り効いて使いやすいです。
良いものは続くし、ダメなものは淘汰される。そういう当たり前なところに落ち着くのではないかと。
Posted by ウサコのともだち at 2012年06月21日 20:53
普通車の自車税が高いのは、軽自動車税が安いからです。これを理解しない人多すぎます。
Posted by 軽不要 at 2012年06月21日 22:47
家内の車が軽です。軽自動車税は安いと思うけど、¥1万超えたらリッターカーにのせます。やっぱり(普通車より)安い税金に惹かれて乗ってるから。
車両価格のみを考慮すると、リッターカーの方が魅力的に見えます。
Posted by もりた at 2012年07月02日 18:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。