toyotires
 


2012年06月29日

女子カート部、完全優勝!

6月16日、ERKカップジャパン第2戦が栃木県のフェスティカサーキットで開催され、女子カート部(JKB)の塚本奈々美、岡村英莉、柴田真友子の3名がチーム<エナーシスfeat.女子カート部>として参戦しました。マシンは、<ODYSSEY JKB EV KART>、全8チームが参戦しました。

1 
この日は生憎のレインコンディション・・・短い時間の練習走行で各ドライバーが、マシンとのフィーリングを確かめながら、バッテリーのA(アンペア)数とタイムをデータとして記録。さらにライバルチームのタイムの確認とその走りを把握するように心がけました。

今回のルールは5周のスプリントレースの後、20分間の耐久レースで、バッテリー交換はナシ! かなり電費には厳しいルールでした。「耐久が20分・・・だけ」と思われる方もいるかと思いますが、ERKにとっては結構シビアな条件です。

私たちの搭載している36Aのバッテリーを、スプリントから耐久レースまで持たせるには、周りの走りに惑わされず、確実に作戦通りの数値とタイムで走ることはもちろん、さらに重要なのは、短い交代時間の中でどれだけたくさんのデータを、次のドライバーに引き継ぎするかです。そのため、ピットとドライバーで様々なサインを交わし、やりとりをしていました。

ウェットでのERK走行のポイントは、マシンの重みを活かし、ほぼノーブレーキでコーナーを回ることで、効率よく電費走行をしながらもタイムを刻むことです。タイヤはブリヂストンのレインタイヤを使用しました。

今回はリチウムバッテリー搭載のチームも参戦(別クラス)しており、正直全体でのトップは難しいかなと思いましたが、クラスではスプリントで1位:3ポイント(+ファステストラップ:1ポイント)、耐久でも1位:3ポイント(+フェステストラップ:1ポイント)合計8ポイントでクラス総合優勝、そしてリチウムバッテリー勢2チームにも勝って全体でも1位となり、完全優勝を達成致しました。<JKB・EVチャレンジ>企画として11年にスタートしたERKレースですが、これで、11年以降に出場したERK耐久レースで「7戦全勝」、無敗の7連覇達成です。

2 
JKBはERKレースでEVの燃費走行をかなり学習して来ていますので、ぜひこの経験を活かして、近々4輪EVレースにも挑戦出来ればと考えています。今年はあとERKカップジャパン(フェスティカサーキット)の第3戦(9月8日)、第4戦(11月23日)、そしてメインイベントとなるジャパンEVフェスティバル(10月20日筑波サーキット2000)があります。

最後にお知らせですが、<塚本奈々美with女子カート部>のHP http://nana-jkb.com/ を改定しました! ぜひチェックして下さいね。(女子カート部・塚本奈々美)

posted by polishfactory5 at 09:50| Comment(1) | イベント>EVイベント
この記事へのコメント
遅くなりましたが、おめでとうございます!!
笑顔が良いですね♪素敵です。
それにしても、
スプリントと耐久って、それぞれ戦略が別物だと思うのですが、
それでも両方優勝するとは、さすがJKBの皆さんですね。
4輪EVレース、期待してます!
Posted by オロネロ at 2012年07月04日 12:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。