toyotires
 


2012年06月30日

プリウスの刺客!

トヨタもBMWと提携を結びたくなるのは無理ない。危惧していたことが起きつつあるからだ! プリウスαとガチでブチ当たるフォード・フォーカスCマックスHVの燃費情報が流れ始めたのだけれど、トヨタに激震を与える数字だった。何と47mpg! プリウスαは45mpgです。

シティもハイウェイも複合も全て負け。プリウスがついに燃費で負けてしまうか? すでに発表されている価格は、ほぼプリウスαのベースグレードと同じ装備内容で2万5995ドル! プリウスαの2万6550ドルを500ドル以上下回る。プリウスαは日本で生産しているから大いに厳しい。

ちなみにCマックスのハイブリッドシステムは、ほぼトヨタと同じ、動力分割機構を使う。なぜCマックスの方がいいか? こらもう簡単。リチウム電池を使っているからだ。プリウスPHVはプリウスより車重が重いけれどハイブリッドモードでの燃費良い。大きな容量の電池を使うと燃費良くなる。

プリウスαの7人乗りに搭載されているリチウム電池は5人乗りのニッケル水素電池より容量が少ないのに、燃費同等。大きな容量の電池だったら5人乗りより燃費良くなっていたことだろう。プリウスα級の車重になると、電池容量大きい方が有利。ということでリチウム電池のCマックスは燃費良い。

こう書くと「だったらプリウスαもリチウム電池を積めば負けないのか?」と思うかもしれません。答えは簡単。負けないです。トヨタにとってリチウム電池の開発の遅れは決定的なのだ。しかも円高ドル安の中、リチウム電池を採用してもプリウスαより低いコストで作れるという寸法。(国沢光宏)

posted by polishfactory5 at 19:56| Comment(2) | ハイブリッド
この記事へのコメント
アメリカでは、通常のプリウスをプラグインにするキットがしかも数種類も発売されているそうです。DIY大国らしく自分で取り付ける人も多いとか。

輸出企業にとって円高は疫病神のような存在ですね。アメリカは実質的に財政破綻しているかまたはそれに限りなく近い状態なので、円高に対する打つ手なしなのでしょう。日本も財政赤字が膨大ですが、外国に対する債権額も非常に多いためアメリカよりはるかにマシです。あとまともといえるのはドイツぐらいで、その他のEU諸国も非常に危ういです。
アメリカが立ち直らない限り、円高も止まりません。
Posted by 605 at 2012年06月30日 20:53
フォード・フォーカスCマックスHV、電池以外はプリウスのパクりに近いと思いますが、トヨタの特許は回避できているのでしょうか?それともトヨタは特許許諾しているのでしょうか?・・プリウスがHVにやられてしまうなんて寂しい(;;
Posted by もりた at 2012年07月02日 18:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。