toyotires
 


2012年07月10日

激安太陽光発電

週末に私のWebサイトで「太陽光発電さえ安くなればマイクロスマートグリッドを組め、エネルギーの自給自足が出来る」と書いた。そしたらどうよ! 楽天は3,3kWの太陽光発電装置を標準工事費込み115万円で販売する、というニュースが流れた。太陽光パネルは日本製だという。こらメチャクチャ安い!

工事費とパワーコンバーターで、下を見て60万円。となれば太陽光発電パネルは1kWあたり17万円ということになります。私が「夢」として設定した価格が1kWあたり30万円。こいつを大きく下回ってしまった。もはや夢でもなんでも無い。ちなみに3,3kWが作る電力って最低レベルで年間3300kWh。

こいつを全量電力会社に42円で売れば13万8600円。8年少々でペイできちゃう。いや、東京都なら国と都から1kWあたり13万5千円の補助金が出るため、実質70万5千円で済む。これだと5年で可能。標準工事費で済むような家の人は迷うことなくオーダーすべきだと思う。どう考えてもお買い得かと。

100歩譲って42円で買ってくれなくても、リーフと組み合わせれば夜間の電力が安いタイプの料金に切り替えれば、これまた7年くらいでモトを取れる計算。ニュースを見ただけなので内容等は全く不明ながら、取り急ぎ情報まで。どんな内容が標準工事なのかを含め、取材してみたいと思います。(国沢光宏)

posted by polishfactory5 at 09:00| Comment(2) | ECO用品
この記事へのコメント
国の補助金を使って太陽光発電システムを設置した際に42円での全量買取が不可になるという噂を聞きましたので、確認されることを期待しています。
Posted by abcd at 2012年07月10日 12:01
昨年、太陽光発電を導入も容量が少なすぎたので増設を考えています。
勢いに乗ってリーフも???
と少し皮算用してみたのですが、現在、自家消費して売電し損ねている電気や太陽光出力が低下し消費せざるをえない朝夕の中間価格帯の電気を深夜と交換できると想定、、1日辺り20kwhを交換、月間600kwhが安くなりロスを考えてkwh当たり平均15円ぐらいはコストダウン可能???
面倒なので月1万円回収できると想定。
年12万円か、、、10年で120万円。
う〜ん、なかなか微妙。毎年の自動車税やら車検費用やら重量税やら考えるとランニング費用をようやっと捻出できる程度か?
やっぱり車関係の税金高すぎる。
せめて、リーフは税金が軽自動車レベルまで引き下げとか、もうひと声欲しい。
Posted by もう一声 at 2012年07月10日 15:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。