toyotires
 


2012年07月17日

新型ノート登場

日産は、7月16日新型ノートを世界初公開した。9月に日本正式発表の新型ノートだが、世界中を相手に販売する「新型グローバルコンパクトカー」として、事前に公開したものだ。

新型ノートが公開されたのは、横浜の大さん橋。会場には大きなステージが用意され、舞台の中から日産の志賀俊之COOが運転する新型ノートが登場した。会場横の海からも、水煙のなかにノートが浮かび上がるという仕掛けだ。大掛かりで派手な演出で、新型グローバルコンパクトカーをアピールした。


Siga 

新型ノートのライバルはホンダ・フィットやマツダ・デミオ。欧州ではフォードのフィエスタだ。売りは、広い室内とクラストップレベルの燃費。エンジンは新開発の1.2リッター3気筒にスーパーチャージャーを組み合わせたもの。

ダウンサイジング+過給機で走りを犠牲にせず燃費を稼ぐ、という手法はフォルクスワーゲンの手法に似ている。JC08モード燃費は25.2km/Lという低燃費をたたき出している。ちなみにスカイアクティブ・エンジン搭載のデミオが25.0km/Lだから、モード燃費では、わずか勝る。果たして実用燃費と走りの性能がどうなるか、楽しみになってきた。(XaCAR編集部)
posted by polishfactory5 at 07:15| Comment(0) | ECO(経済)なクルマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。