toyotires
 


2012年07月19日

HR12DDR

次期型ノートに搭載される過給エンジンは、自然吸気エンジンよりパワフルでいながらJC08燃費が良い。なぜだろうか? 結論から書くと「吸気量が小さいから」ということになります。以下、解りやすく紹介したい。基本となるのはプリウスなどと同じアトキンソンサイクルである。

・アトキンソンサイクルについてはコチラで

HR12DDRの排気量は1200ccながらアトキンソンサイクルなので吸気量少ない。公表されていないため具体的な数字は不明ながら、試作エンジンを取材した時に聞いたら900cc程度だという。つまり排気量900ccと同じくらいの出力と、800cc程度の燃費ということになります。

JC08燃費を計測する際は、スーパーチャージャーがほぼ稼働しないという。つまり800ccエンジンと同じくらいの燃費でJC08のテストを受けているワケ。おそらく街中の緩加速や、80km/hくらいまでの巡航は800ccエンジンでカバー出来てしまうのだろう。だから燃費が良い。

1500cc並のパワーを必要とする時はスーパーチャージャーで圧縮した混合気をエンジンに詰め込む。この時の燃費は、その時に使ったパワーに比例する。1,5リッターエンジン並の馬力を出すと、それなりの燃費になる、ということだ(ベースがアトキンソンサイクルなので少し良い)。

800ccのECOエンジンと、1,5リッターエンジンの2つのエンジンを搭載し、その時の要求パワーによって使い分けていると考えればいいと思う。ここにターボを組み合わせればVWのTSIエンジンと同じようになり、2リッターエンジンに匹敵するパワーを引き出すことが出来る。

公表されていないものの、次期型ノートの25,2km/LってECOグレードのみになるようだ。普通のスーパーチャージャー付きノートのJC08は24km/L。それでも競合車となるフィットの燃費より良い。(国沢光宏)
posted by polishfactory5 at 09:00| Comment(7) | ECO技術
この記事へのコメント
わざわざ低回転/低出力領域をクラッチ使ってSC切るくらいならば、軸出力使わず排気損失の再利用になるTC使えば良いのでは? って思うのですけどミラーサイクルとTCって相性良くないのかなぁ?
Posted by No.50 at 2012年07月18日 22:05
インビテーションのデザインを期待していたので、少し残念ですが、エンジンの魅力に惹かれます。

久しぶりに中身で欲しくなる日産車ですね。
Posted by ごっち at 2012年07月19日 11:09
1500ccのエンジンで800ccと同等の燃料で800ccと同等の出力を得る。
アホな私には、ならば始めから800ccでいいじゃん!と思えてしまいます(笑)
もともと1500ccの燃焼室があるんでパワー必要なときは加給するスペースの余裕があると言う事ですね。(まだわかってないかも:笑)

最先端のエンジンは凄いですね。
最近は自分のクルマのエンジンルームを見てもまるで訳が分りません。
でも、ディーラーのメカも「僕にも分りませんよ」って言ってたな。オイオイ(笑)
Posted by min at 2012年07月19日 13:59
http://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/546/254/08.jpg

公式な発表だと思いますが。
スーパーチャージャー搭載のHD12DDRが25.2km/Lのようですが。
Posted by HD12DDR at 2012年07月19日 15:02
やっと国産の普及価格帯に出てきましたね。
マツダなんかは真っ向から否定してましたけど、車両価格含めたトータルコストでNAとどちらが有利になるのか、楽しみです。
Posted by kazz at 2012年07月19日 16:22
リッター辺り何キロ走るかの表示でなく、

xxcc/毎分  か、
xxxcc/毎時  の表示は出せないでしょうか?、動いている時は平均燃費が出るので換算が出来そうですが、アイドリング燃費が表示出来たら良いなと思います。

FFの車で車検時にリアのベアリングのプリロードが少し強くなると燃費が悪そうです!!、私は一回車検から戻って来た時に軽く動く気がして嬉しくなった覚えがあります。
Posted by kine at 2012年07月19日 16:55
奇しくも今、代車で乗ってるのがミレーニア。
そう、V6ミラーサイクルエンジンにリショルムコンプレッサーを組み合わせたマツダの意欲作でした。
2,3リットルでメイングレードの2,5リットルを上回る220馬力を誇り燃費は2リットル並!

なぜか売れませんでしたね。
最後はミラーサイクルのグレードも消滅してしまいました。
アッパーミドルクラスで有りながらFFだったから?

今乗ってみると、広い室内、贅沢な内装、しなやかな乗り心地、と余りネガな要素は無いんですがね!
やはりセンティア後継として誕生したユーノス800だったのがユーノスチャンネルがなくなってミレーニアに改名なんて車名変わり過ぎですね。
結構お買い得なプライスだったと思います。
友人が新車で購入した時は、50万位の値引き+高級温泉宿泊券なんて条件でした!

トヨタが売ってたらヒット車になってたんじゃなかろ〜か。

Posted by 髭男 at 2012年07月21日 02:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。