toyotires
 


2012年07月23日

セレナHVその2

間もなく発表されるセレナのマイルドハイブリッドで一つ楽しみにしていることがある。セレナHVの簡単な紹介は7月11日に紹介しており、基本的に変わらない。その後、わかったことは車両価格が従来のアイドルストップ付グレード比で5万4千円の値上げになるらしいということ。案外高い?

・セレナHV登場の記事

ただバッテリー1個分とセルモーターの大型化分だけとは思えない。エクストラの装備が付いていると思いたい。また、燃費が良くなり100%免税になるため、実質的には1万4千円高というイメージ。おそらくエンジンの再始動なんか一段と滑らかになると思う。とりあえず歓迎したい進化です。

文頭に戻る。7月11日の記事で「加速時にモーターでアシストしたら面白い」と書いた。2kWくらいのアシストであってもアクセルレスポンスの改善に大きく寄与すると考えます。どうやらセレナHVは、このアシスト制御を入れているようなのだ。アクセル開けた途端のレスポンスがググッと違ってくるかと。

・セレナハイブリッドのアシストモーターは1,8kW

こいつを発展させ、リチウム電池かキャパシタに3kWくらいのモーターと組み合わせてやれば、CVTのコントロール幅が大きくなる。もちろん燃費改善にも使えるし、ドライバビリティ向上にも使える。果たしてセレナHVのシステムでどのくらいの効果があるのか? 早く試乗してみたいです。(国沢光宏)
posted by polishfactory5 at 09:13| Comment(3) | ハイブリッド
この記事へのコメント
セレナにはホンダのステップワゴンという強力なライバルがあるので必死なのでは、何人乗れるとか、燃費が何キロとかスペックだけでも負けたくないと。
Posted by at 2012年07月23日 09:43
ステップワゴンがどの程度の価格アップでHVを出してくるのか気になりますね。
Posted by at 2012年07月23日 12:35
アイストとHVの境界線があいまいになるだけでなく、アイストの燃費向上でHVの優位性が失われてる。

次期プリウス以降、THSはPHVだけになってもおかしくない。

Posted by motocompo at 2012年07月23日 13:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。