toyotires
 


2012年11月01日

リーフの電池寿命

日産はWebメディアである『オートックワン』の取材を受け「1年で10万km走ったリーフの電池容量が78%」とコメントしている。正直な話、ショックを受けているリーフユーザーは多いことだろう。現在24kWhある電池容量のウチ、使えるの22,8kWh程度。それが17,9kWhになってしまうのだから。このダウン率、私も予想以上でございます。

現在120km走れるとしたら、94kmまで落ちちゃう。冬場の暖房を考えたら70kmか。この記事で「リーフ買うのはやっぱし時期尚早」と判断した人も多いという(実際に検討してたけれど往復80kmの通勤を考えていたので断念したというメール頂きました)。されど本当にそんなに早く劣化しちゃうのだろうか? 少し検証してみた。

記事では最も重要な点が二つ抜けている。電費と劣化カーブです。10万km走ったの、タクシーだという。仮に電費を6km/kWhだとしよう。10万km走るのに1万6700kWhの電力を消費している。充電サイクルにすると732回(1回分を22、8kWhとする)。耐久性を重視の電気自動車用電池の割に劣化が早いという話は後で。

私の使い方だとリーフの電費は8km/kWhである。同じ1万6700kWh使った時の走行距離を計算したら13万3600km。タクシーの電費が6km/kWhより悪かったのなら、もっと長い距離を走れることになります。どうして日産の人はタクシーの電費を言わなかったのだろうか? 劣化カーブも大いに知りたいところ。

当然の如くバッテリーの劣化状況はデータとして持っているだろう。こいつを大雑把にでも教えてくれたなら、電池の劣化が進む夏場の状況や、劣化の進み具合も理解できる。いずれにしろ「10万kmで78%まで劣化」だけだと不安だ。出来れば近いウチ、このあたりの詳しい状況を宮本さんに聞いてみたいと思ってます。(国沢光宏)
posted by polishfactory5 at 08:00| 電気自動車