toyotires
 


2012年09月18日

Up! 149万円!

VWアップが発表された。価格は以前紹介した通りの149万円から! こらもう衝撃的でございます。というのも「安く売るためのスペシャル仕様」じゃないからだ。VWらしくサイドエアバッグや横滑り防止装置は標準。そればかりか、レーザーレーダーで前方を監視。追突しそうになれば急ブレーキを掛けてくれる「シティーセーフティ」まで付く。

日本車と比較しても全く遜色無い価格設定と言って良かろう。ちなみに149万円は3ドアHBモデル。4ドアHBモデルになると19万円高の168万円になります。私ならリアドアを諦めて3ドアで頑張りたい。すでに日本のメディアに対し先行試乗会を開いており、大好評のようだ。弟子永田も「乗ったら欲しくなりました!」とウなされていたほど。

ボディサイズは大きいと言えないものの、2人までなら十分の実用性を持つ。リアドアが無いのでチャイルドシートを付けられないと思っている人も居るようだけれど、大半の欧州車には助手席エアバッグのカットスイッチが付いている。トランクスペースの無いHBボディだと、むしろリアから遠い助手席に座らせたい。私なら迷わず助手席に座らせる。

クルマとしての仕上がりも、独特の変速フィールを持つロボタイドATさえ気にならなければ「素晴らしい!」だけ。ボディ剛性の高さや乗り心地の良さなど日本車は全く勝てていない。現代のクルマとして唯一物足りない点を挙げるなら、アイドリングストップが付いてないことくらい(欧州仕様のマニュアル仕様にしか付かない)。乗れば誰でもウなるハズ。

気になる諸兄はぜひともVWのディーラーに行き、味見してみることをすすめたい。「欲しい装備を加えていったら150万円を越えちゃった」みたいな日本車と乗り比べて頂きたく。ちなみに実用燃費は街中で15km/L前後。流れの良い郊外路であれば、コンスタントに20km/Lを越えると思う。私は明日にでも試乗会に行ってみるつもり。(国沢光宏)
posted by polishfactory5 at 18:34| Comment(6) | ECO(経済)なクルマ
この記事へのコメント
国産車では軽自動車を含めて3ドアをあんまり見なくなりましたね。
自分は狭い駐車場のドアの開け閉めに気を使わないという事で4ドアしか考えられません。
やはりクルーズコントロールや瞬間燃費計、おまけにシートヒーターの付いているハイアップ183万円が基準になるんじゃないでしょうか。
Posted by すとりんがー at 2012年09月18日 22:30
今 ネットで騒がれていることが本当なら
いくらVWのクルマが良くても
アウディ、そしてVWのクルマは買いません。
好きなメーカーだっただけに 本当に残念です。
Posted by 悲しい at 2012年09月19日 01:50
VWアップハイオク仕様なんですね、日本ではコンパクトカーは経済性を重視するのでこれはマイナスでは、それとフロントグリルほとんど穴があいてないように見えるが冷却大丈夫なんでしょうか。
Posted by at 2012年09月19日 05:09
試乗してASGさえ気にならなければ軽自動車(R2)からの買い換えとして購入予定です。2ドアのMOVE UP!です。
試乗していい感じなら、PoloとUP!のVW2台体制になれるかもしれません。
個人的には、小さく使いづらいリアドアに19万円は払えませんので2ドアが良いと感じました。
ザ・ビートルを乗ったときには、ドアを開けたときがポルテの助手席側のように開口部が広く、2ドアも結構使えるなと感じた次第です。
Posted by at 2012年09月19日 08:26
欲しい!
しかし、一点気になる部分があって止まっています。
ドイツ車って無加給エンジンでもハイオク仕様なんですね・・・・
多分、国産車もハイオク仕様で圧縮率上げれば、燃費も出力も上がるんでしょうが、国産車の場合、ファミリーカーでハイオクは売れないでしょう。
レギュラーなら即買いなんですが。
Posted by 風じ at 2012年09月19日 10:57
販売戦略的にはルポの二の舞にならないように、168万円でも5ドアを全面に出した方がいいと思います。
3ドアはもっと装備をケチった5MTモデルを120万円台で導入してほしかったです。
Posted by COLT at 2012年09月19日 13:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。