toyotires
 


2012年09月20日

プジョー208

衝撃プライスを付けてきたVWアップ!に続き、プジョーのコンパクトカーである『208』も魅力的な価格設定をしてきた。3ドアHBの『Allure』(5速MT)は低燃費の1,2リッター3気筒82馬力エンジンを搭載。アルミホイールやクルーズコントロール、横滑り防止装置を標準装備して199万円というプライスタグを付けてきた(ただし若干遅れる)。

興味深いのが258万円の『208GT』。156馬力の1,6リッターターボエンジン+6速MTのスポーツグレードである。JC08モード燃費こそ15,2km/Lとタイしたことないけれど、日本の交通モードなら実燃費に限りなく近いという。そろそろ燃費良いだけのいクルマばかりで飽きてきた感じ。208GTのように燃費良くて楽しいクルマは歓迎したい。

売れ筋グレードは1,6リッター4気筒の『208プレミアム』(216万円)になると思う。ロボタイドATは日本人に受けないと言うことから、旧式の4速タイプながらトルコンATを採用。また、199万円のAllureよりエンジンが大きくなった上「AT代」と「5ドアHB代」も合わせて17万円高は、VWアップ!の「5ドアHB代」だけで19万円より好感が持てる?

JC08は13,4km/Lと極めて絶望的なスペックながら、日本の燃費モードに合わせていないためである。実用燃費で13,4km/Lをクリアすることは容易。ただ私なら迷うこと無く日本車には無くなりつつあるマニュアルの2つのグレードを選ぶ。書き遅れたがボディサイズは全長3960mm×全幅1740mm。フィットと同じクラスです。(国沢光宏) 
posted by polishfactory5 at 16:25| Comment(2) | ECOカー紹介
この記事へのコメント
プジョー208GTに魅力を感じます。値段も性能、装備を見ればリーズナブル。
ただ、私はプジョーが好きで406に乗っていた時期があります。中古でしたが、良い車だと思いましたが…最悪なのがディーラーの対応です。私は新潟市在住ですが、新潟市の唯一のディーラーは最悪です。406に乗っていた時の事、常に給油口が空いているエラー表示が消えなくなりました。なので、ディーラーに持ち込むと、店内に入っても誰か来たかみたいな全員無視状態。普通いらっしゃいませくらい当たり前ですよね。で椅子に座って待っていても、誰も対応に来ない無視状態が続く。しょうがないので、こちらから声をかけると、ようやく対応開始。事情を説明すると、一応車を見たらしいが、帰ってきた回答は、エラーの対応が分かりません。そのまま乗っていて下さい。何じゃそりゃ。分からなければ調べれば良いのに…お帰り下さい状態。頭にきたので、速攻、帰ってプジョーのHPからクレームのメールをしました。帰ってきたメールは申し訳御座いませんだけ。ディーラーに連絡先も教えているのに、詫びの電話もなし。こんなディーラーじゃプジョーの車なんか乗ってられないと速攻売りました。
と、このような事があったので、車がいかに魅力的でもディーラーの対応が変わらなければ試乗する気にも買う気にもなれません。新潟の唯一のディーラー最悪です。まだ体質は変わってないでしょう。どんなに魅力的な車を出しても、新潟のあのディーラーの対応じゃあ売れないでしょうね。
まあ、これは新潟だけの話だとは思いますが。
他の都道県のディーラーの対応は良いのか知りたいですね。
と、長文になってしまいましたが、国沢先生、東京のディーラーは対応良いですか?個人的にお聞きしたいです。
ディーラーの文句なので、ブログにアップするかのご判断はお任せします。
長文で失礼しました。
Posted by 山田潤 at 2012年09月20日 22:52
デザインや乗り味やブランドなど、
何を重視するかはその人の価値観にもよりますが、
1.6のプレミアムでしたら、同じ値段でポロのアイドリングストップ付きが買えます。
1.2ターボ、ツインクラッチ7速で6エアバッグです。
燃費やトルク、税金の安さでも上回ります。
まあ国産のコンパクトクラスと合わせて、選択肢が広がるのは良い事ですよね。

日本のメーカーも、コストと燃費だけでなく、
例えば、1リッターターボに軽より少しだけ大きくした車体で、
安くて、軽くて、楽しい車を作ってもらいたいものです。
Posted by オロネロ at 2012年09月21日 12:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。