toyotires
 


2012年10月04日

シェールオイル

日本でシェールオイルの採掘に成功した、と大きなニュースになった。何か意味があるのか? 結論から書くと「う〜ん」。あまりにも小さい規模なので、全く採算ベースにゃ乗らない。ちなみにシェールオイル=原油である。あんなに苦労して掘ったなら、ばかすか採れる中東の油田のコストと二桁違う。

100歩譲って「技術を習得する」という観点だとする。「海外に技術を売る」と紹介しているメディアもあるほど。しかし。シェールガス&オイルの採掘技術はアメリカが圧倒的に進んでます。そもそも石油との付き合いも長い。むしろ効率よくシェールガス&オイルを採れる場所を見つける技術などの方が重要。

今や石油ですら代替エネルギーとのコスト競争が起き始めている。これ以上原油相場上がれば、原油以外のエネルギーもコスト的に成り立ってくる、ということ。採掘コストの高いシェールガス&オイルなどナンの役にも立たないのだった。尖閣周辺にあると言われる天然ガスが放置されてるのもコストの関係。

自動車にも言えるコトながら、今の日本に必要なのは「分厚いところを抜く作戦」じゃなく「サイドチェンジして早さで突破する」か「新しい戦術を練る」でございます。「3気筒じゃ無く、優れた4気筒を作れば売れる」と言い張る日本の自動車メーカー幹部がいるけれど、日本のシェールガス&サンド掘りと根っ子は同じ。

最も賢明な読者諸兄は今回のニュースに接しても「頑張ってね〜」くらいしか思っていないか? 今の日本で最も有力なエネルギーは原発ムラによって開発を凍結されていた地熱発電だ。国立公園の中だという理由で建設許可を出さない。福島の環境汚染に比べれば無視出来るレベルです。国沢光宏)
posted by polishfactory5 at 08:32| Comment(7) | ECO技術
この記事へのコメント
地熱発電で問題となってるのが国立公園の景観を破壊するという懸念だが、地熱発電所の施設を緑色に塗装することで景観は保てます。

福島第一の放射能が風で拡散しないように緑色の接着剤を散布したがそれだけで悲惨な事故模様がかなり和らいでます。

閑静な住宅街に平気で黄色とか青色の外壁の住宅を建てたり、ビル街でも建物の高さを統一しないなど景観ににぶい。欧米の住宅街は屋根の色や外壁の色だけでなく窓のカーテンの色さらに屋根の勾配まで市の条例で規制されている。

地熱発電所施設の塗装も緑色を条例・法律で決めればいい。
Posted by motocompo at 2012年10月04日 09:59
日本最大の地熱発電所を持ち、私自身見学した大分県民から言わせて貰えば、景観云々は難癖に過ぎません。なぜなら、地熱発電所のある久住九重の雄大な景観を前にすると発電所なんかちっぽけでほんのアクセントみたいなモノです。
師匠の指摘通りに原発ムラは原発より遥かに日本にフィットする地熱発電所を封じ込めたいが為に法律を盾にしているだけ。ぜひ、皆さんも大分県の八町原地熱発電所に来てください。
Posted by 嶋川泰介 at 2012年10月04日 21:19
地熱発電所の懸案は、景観のほかにも、温泉街との共存という問題があるようです。
源泉を発電所の方に引き込んでしまうので。

でも、バイナリー発電といって、源泉で直接タービンを回すのではなく、80度程度のお湯でアンモニアなどを気化させてタービンを回す方法もあるようです。
出力は源泉を直接使うやり方よりも落ちますが、温泉と共存できますし、国立公園を掘り返す必要もありません。

いずれにせよ、やり方ひとつでどうにでもなるのではないでしょうか。
Posted by おひさま at 2012年10月04日 22:32
大昔に初代FFファミリアのカタログにエンジンなんかないほうがいいと書いてあった、エンジンの技術が発達してもはやエンジンはブラックボックスになったのでは、軽くてコンパクトでいい仕事をしてくれればそれが3気筒でも4気筒でもガソリンでもディーゼルでもなんでもいいのでは。
Posted by at 2012年10月05日 07:54
地熱発電所は概観を工夫すればよく、例えば兵庫県のある警察署では城下町にふさわしいように建て直した際に、お城風に白塗りの壁と屋根には瓦を使っています。

バイナリー発電は既に導入している企業もあり、温度さえクリアしていれば(たしか70数度)工場の排水・排熱からでも発電可能です。
Posted by Uka at 2012年10月05日 09:20
追伸
横浜のアルバック理工という会社の廃熱発電システムでは、水でも水蒸気でも最低65度Cあれば発電可能です。
Posted by Uka at 2012年10月05日 09:57
おなじ3気筒エンジンでもフォルクワーゲンアップのエンジンのように力を入れて一から設計したのもあればただ4気筒から1つ取っただけのようなエンジンもある。
Posted by at 2012年10月06日 08:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。