toyotires
 


2012年10月11日

プリウスの実力

最近リーフにばかり乗っているせいか、プリウスについて書くことも考えることもなかった。しかし! 久々にハンドル握ったら、改めて関心した次第。というのも事故のためほとんど動かない首都高の大渋滞に1時間ハマったのを含め、242km走って26,6km/Lだって。高速巡航は90km/hでございます。

1010e.jpg

このくらい燃費良いと、40Lで軽く1000km以上走る。電気切れを気にすることも無くドコまでも走れてしまう。しかもコレといった気づかなく走っただけ。省燃費走行じゃありません。踏むところはキッチリ踏んでいる。ということを考えればやっぱり凄い! 流れの良い地方の一般道なら30km/Lに迫ることだろう。

走行100kmあたりの燃料コストは545円。昼間の電気料金を使い7km/kWh走るリーフ級の電気自動車で429円。プリウスに勝てるの、ディーゼルくらいか? もし22,5km/L走ればプリウスの燃料コストとイーブン。プリウスと同じ程度の価格で次期型フォレスターのディーゼルが出れば面白い存在。

ちなみに燃費自慢のノート・スーパーチャージャーの実用燃費は、2千回転以下を使って街中22km/L前後。高速の90km/h巡航っで25km/L程度。案外良いけれど、ここから少しアクセル踏むとイッキに燃費悪くなってしまう。ハイブリッドもキッチリと燃費や性能を追求したら強いと考えます。(国沢光宏)
posted by polishfactory5 at 09:00| Comment(4) | ハイブリッド
この記事へのコメント
プリウスの実力・・・
たしかに燃費は良いのですが、自分の場合、乗るとすぐに腰痛になってしまうところでしょうか。なのでなるべくスバルR2に乗っています。なんとかならないかとシートカバーや腰痛対策グッズをネットで探しているのですが、使ってみないと分からないのでどうしたもんかと躊躇しています。

なにかよい情報ありましたら是非ともご紹介頂けると有り難いです。
Posted by yiu at 2012年10月11日 11:55
こんにちは
私も最近PHVで中央高速のアップダウンの多い道を走って、燃費を確認してみましたら、ものすごく燃費良いですね。
ブログを見ていただくと判りますが、ハイブリッドインジケーターで電気走行可能距離26.1kmで家をスタート、家に帰ってきた時の表示で173.8km走って38.7km/L途中充電はなしです。
帰宅時の電気走行可能距離は12.2km残でした。
マイナー後、乗り心地も別物のようなレベルで長距離でも全然疲れません。


Posted by 風じ at 2012年10月11日 19:33
プリウスというかトヨタ車のシートポジションって、立たせ気味にするとましなポジションになりませんか?個人差あるので私見ですが…f(^_^)確かに一発では決めにくいですね。最近空気圧を高めにしてプリウス乗ってますが、内装ガタピシしますが転がり良いです。エアコンも使わなくて過ごせるから尚良好です。走りの質は今イチですが、高い速度でのコーナリングは可能なので、走りの質感をもし問われるならば、そこは惜しいですね。マンション暮らしが不自由なく乗れるEVやPHVが出てくるまでは、ボリュームゾーンに属するかと。
Posted by かず at 2012年10月11日 22:00
マイナー後特にPHVはマイナー前のプリウス
とは乗り心地がまったく違うと思います
買ってから6ヶ月ほどになりますがまったく
快調です。
この間マイナー前のプリウスに乗る機会があったのですがめちゃめちゃ乗り心地が悪かったです
それにしても私のPHVはEV走行距離22.6位が最高で
す。あと制御用のバッテリーを点検で遮断した時
EV走行距離が伸びるのはどういうことでしょうかね
Posted by KEN at 2012年10月13日 01:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。