toyotires
 


2012年10月17日

チャデモ落選

日本が開発した急速充電規格である『チャデモ』は、アメリカでも非採用になってしまった。すでに欧州では『コンボ』と呼ばれる、200V普通充電と急速充電のカプラーがセットのタイプが提案され、多くのメーカーの支持を得ており正式採用される方向で決定済み。ただアメリカはチャデモの採用も検討してました。

すでにリーフが多数走っているし、トヨタやホンダの電気自動車もチャデモならそのまんま使える。日産としちゃぜひチャデモを採用して欲しかったことだろう。しかしアメリカ側からすれば「チャデモって胡散臭い」というイメージが強かった。なぜか? 東京電力などを中心に開発してきた技術だからだ。

どの国にとってもエネルギー政策は重要。日本の政府に限りなく近い東京電力の技術を使うことなど最初から考えられない、と私は書いてきた。得体の知れないロジックが入っているかもしれないからだ。そこでチャデモ側はプロトコルを全て開示すると伝えた。されど時すでに遅し。やっぱし不安をぬぐえず。

そんなことからアメリカのJISに相当する『SAE』は、電気自動車の急速充電規格を多くの欧州&アメリカの自動車メーカーが支持しているコンボ方式に決定した次第。これでチャデモ方式を使う急速充電はガラパゴスとなった。ただ日本はチャデモを続けるため、現在リーフやMiEVに乗っている人は影響なし。

また、日産が開発した急速充電器も90%はコンボ式と共通の部品で済む。困るのはアメリカのリーフユーザーくらいか? ここで得るべき教訓は「日本の政府が絡んで決めた基準は世界基準にならない」。というか、そんなこと50年前から解っていることですね。普通の人が悲しむ問題じゃないです。(国沢光宏)
posted by polishfactory5 at 15:51| Comment(9) | 急速充電施設
この記事へのコメント
新聞で日産の志賀COOはチャデモ推進委員でチャデモを世界基準にするといっていたが、やはりだめだったか。
Posted by at 2012年10月17日 16:25
先日ニュース23クロスでトヨタの特集をしていたがそのとき電源コードの要らないワイアレス充電の研究をしていて、もう試作車が写っていたが、車にワイアレスチャージと書いてあった、充電器の上に止めるだけで充電出来る、実用化されたらチャデモもコンボも関係なくなる。
Posted by at 2012年10月17日 16:33
日産はルノー、三菱はOEMしていたプジョーの力で押せなかったのが不思議です。この2種類はアダプターで互換性を持たせるのは無理なんでしょうか?
Posted by nakapon at 2012年10月17日 16:39
まだ一台もないコンボが世界基準になるかも知れない、チャデモはすでに何台もあるのに、CDはソニーとオランダのフィリップスが共同で開発して世界基準になった、日本発の世界基準がもっとあってもいいのに。
Posted by at 2012年10月17日 16:40
日本以外の国は移動距離が長く電気自動車が普及しにくいのと、海外では自宅充電が中心で急速充電の要求が低いので、日本はガラパゴスのchademoを広めればいい。

さらにリーフtoホームが広まれば自宅でも直流充電になるが、そのときcomboのおチンチンみたいな大きく無骨なプラグなんて有り得ない。そのとき欧米はchademo規格を羨望のまなざしで見つめるようになります。
Posted by motocompo at 2012年10月17日 17:45
ドジョウはアホ〜だな!また世界に負けた!ガラバゴスになっても国内はチャデモにしろよ!ふざけるな!馬鹿野郎!リーフやiミーブのユーザーの利便性を10年は守る責任が国にはある。また無駄な税金使いやがって!何が増税案だ!ふざけるな!馬鹿野郎!
Posted by リーフ乗り at 2012年10月17日 21:20
案の定過ぎるくらい案の定ですね。いつもの外交下手。

日本メーカーは国策におんぶに抱っこになってないで欧米の規格でもiMiEVやリーフを充電できる様な対応をして下さいな…当然考えてると思いたいですが。

東電だけじゃなく日本政府の電力政策も原発事故以来世界的に信頼を失ったのでしょう。国内ではマスコミの情報操作が効いていて封殺されているが、海外には胡麻かし様もなく日本政府や東電の隠蔽体質や嘘つき、ミスリードぶりが散々に暴かれていったのだから。

しかもマスコミの情報操作漬けの日本の大衆と違って、国際社会はこんな悪事を決して許さないし、忘れない。未だに池田某の様な勝手連的な御用学者がドヤ顔な日常と違ってね。
Posted by samine at 2012年10月17日 21:42
日本政府と聞くとどじょうさんの顔が思い出されて、落選もまああるのかなという気持ちになってしまいます。
海外は200Vが多いから、継ぎ足しなら普通充電でも許せる時間ですむのでしょうかね。 さもなくば、外国のメーカーともっと協調してもよかったかもと思います。
だいたい「茶でも…」といいながら、急速っていうのもヘンでしょう。
急速充電器にまでお金をかけさせようと考えるあたりが、ガラパゴス脳の東電っぽいですな。
Posted by ぱんだねこ at 2012年10月17日 22:33
9月にドイツのオートメカニカに行ってコンボのEV急速充電器があったので見てきた。
デモができる状態だったので操作してみた。
青く点灯する充電開始ボタン、緑に点灯する充電停止ボタン、液晶パネルに出てくる絶縁テスト中、充電開始、充電率%の文字、赤い非常停止ボタン、・・・、これってチャデモの充電器と全く同じ。違うのはACとDCがついたコネクター。ユーザーインターフェースではチャデモが世界標準になっているということか?だとすれば、欧米では来るべきEV急速充電器の規格統合に向けてチャデモ側に妥協しているとも見れるのですが、皆様はどうご覧になりますか。
Posted by 充電器屋 at 2012年10月18日 22:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。