toyotires
 


2012年10月25日

デミオEV

7月に発表され、10月4日にリース販売をスタートしたマツダ・デミオEV。この車両に乗ることができました。試乗記は次号XaCAR12月号でお伝えします。

1 
ということで今回は別の話。以前この場でもお伝えしたとおり、デミオEVでは、ヘッドライト&テールライト周りで、ベースとなるガソリン車のデミオにはない設定の組み合わせとなっています。フォグランプ非装着でありながらディスチャージヘッドランプを採用。13-SKYACTIV専用のLEDリアコンビネーションランプでありながらリアルーフスポイラーレス、という具合です。プロジェクトマネージャーの藤中充さんと、車両開発の阿南義明さんへのインタビューで、デミオEVの詳細についても話を聞くことができ、この外装のわけがわかりました。

003 

あえてガソリン車にない設定の車両を作ったと思いきや、実は、もっと違うわけがあったのです。もちろん、徹底した軽量化と省電力を重視してのランプ類のチョイスですが、さらには、リアルーフスポイラーも外しています。リアルーフスポイラーは軽量化というよりは、空力的に良いということです。というのも、床下にバッテリーパックを配したことで、ボディ下部が完全にフラットになったため、ルーフスポイラーが不要になった、ということです。既存の車種でも、EV化することでさまざまな用件が変わることもあるんだなぁ、と実感しました。(XaCARレポーター・青山義明)
posted by polishfactory5 at 08:00| Comment(0) | 電気自動車
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。