toyotires
 


2012年11月13日

ホンダ1モーター式

ホンダがついにリチウム電池を使う1モーターのストロングハイブリッド(モーターだけでスタートできるタイプ)を発表した。驚くことに組み合わせきたミッションは7速ツインクラッチ! このシステム、VWのハイブリッドと全く同じ。何と! 時代遅れだったホンダだったのに、突如時代の先頭に並んだ、ということ。

1113e.jpg

システムを見ると、燃費のよい1,5リッター4気筒アトキンソンエンジン+クラッチ+モーター内蔵型7速ツインクラッチというレイアウト。発進をモーター+1速ギアで行い(そのままユックリ加速していくとモーター駆動のままシフトアップしていく)、やがてエンジン始動。エンジン+モーターを効率よく使って走る。

このタイプのハイブリッドは、エンジンの熱効率をキチンと確保できればトヨタ式ハイブリッドと同等以上の燃費を確保できます。ホンダによれば「後だしジャンケンで負けることなど許されません」。おそらくデビュー時から(試作車はフィットでした)アクアと同じくらいの燃費を実現してくるんじゃなかろうか。

1モーターハイブリッドの弱点である「エンジン停止状態で60km/h巡航してる時からのアクセル全開加速」(BMWや日産の試作車だと1秒間は反応せず。フル加速状態になるまで2秒掛かる)も、ライバルより大幅に短い。他社はトルコン多段ATベースやCVTを採用しているため、シフトダウンに時間掛かる。

ツインクラッチだと7速巡航状態から2速に落とすのも瞬時。ホンダによれば「1,7秒くらいです。さらに短くしたいと考えています」。VWはどのくらい掛かるか不明ながら(アメリカのメディアは1モーターHVの弱点を認識してないので評価&テストしていない)、1,5秒くらいになったら不満無くなると思う。

レスポンスの遅れさえ解消できればリチウム電池(およそ1kWhの容量を持つGSユアサとの合弁企業ブルーエナジー製)を使った1モーターハイブリッドは有望。燃費よいだけでなく、排気量違いや過給エンジンなど、どんなパワーユニットと組み合わせてもOK。ニッケル水素電池のトヨタにとって強敵だ。(国沢光宏)
posted by polishfactory5 at 06:39| Comment(11) | ハイブリッド
この記事へのコメント
コンパクトカーのハイブリッドはよほどコストを下げないとガソリン代でペイしないのでは、純エンジン車が最近すごく燃費がよくなってきて、ハイブリッドとの燃費の差が少なくなってきている、価格差が30万円でもガソリン代で元がとれないのでは、もっとも年3万キロ以上走れば別だが、反対に年1万キロ程度のサンデードライバーではむつかしいのでは。
Posted by at 2012年11月13日 09:44
やっぱりホンダは凄いなぁ!
こそこそしてるホンダは見たくありません。
後は販売価格だけですね!
さて、いくらになるか。

アメリカでオバマさんは電気自動車を推進してる様ですがコケるでしょう。
あの広い大地で航続距離500km以下では支持を得られないと思います。
やっぱり本命はハイブリッドになるのでしょうか。
Posted by min at 2012年11月13日 12:05
技術的には3モータHVや2モータHVの方が高度な構造ですが、商品価値的には、コストパフォーマンスに優れたクラッチ付き1モータHVの方が圧倒的に高いと思います。将来的に、コスト競争になるとホンダの中型車も1モータ方式HVになると予想します。

ただDCTだと反応は速いですが、コスト的にコンパクトカーへ普及させるのは難しいのでは。初っ端DCTハイブリッドが新型フィットRSに載っても、そのあと一般グレードへの展開はCVTになると思います。

そして電池のコストが下がれば、PHVへの進展、さらに電池のコストが下がればモータを大型化してトランスミッションを介さないで直結方式に展開すると思います。

今回のホンダの発表会はマスコミや評論家が多く参加してるのにクラッチ付き1モータの価値を解ってるのは国沢さんしかいないようです。

どのブログやニュースを見てもケムイ記述ばかりで呆れます。
Posted by motocompo at 2012年11月13日 12:25
タクシー並みに走行距離の多い人はいい選択ですが、価格も安くして欲しいですね。アクアは割高ですから。
Posted by at 2012年11月13日 12:54
やっぱり効率やドライバビリティ追求するとDCTか… もうCVT否定する気もうせましたが(ホンダは変速機も自社開発しますがアイシン、ジャトコ頼みじゃCVTに投資、コスト安で回収 日本にはCVTとか、ユーザー選択幅なくすは洗脳する評論家、作ったみたもののコスト高だからCVT以外選択しないヘボい先見性の無さ…)まあいいんでないですか。CVTも進化してるだろし。 モーター=トルクあるからDCT使えるんであって、しょぼいトルク無しエンジン車は、ごまかすに為CVTをまだホンダ使うだろな。前からゆってるのに素人でも… 一気に先頭は? 遅いけどマシなことするなんてホンダアッパレ。スバル…CVTもう後戻り出来ないからCVT極めてトロイダルまで遥か彼方まで。三菱持ってるのに…今からでも使い道ある。マツダ以外他…ダメだろ。厳しく行ってみましたたまには。
Posted by さね at 2012年11月13日 19:48
ジェッタHVとはモーターの位置違いそうですね。
エンジンはアトキンソンと少排気量ターボこのシステムだとどちらが効率いいのかな
Posted by   at 2012年11月13日 21:22
ついにホンダもDCTだぁあ!
バイクやATVに積める小さなDCT作ってるくせに
遅いですよーめっちゃ待ちました!
Posted by VTECLOVE at 2012年11月14日 00:20
私の車選択基準は
1.デザイン
2.運転する楽しさ・乗り心地
3.価格
4.燃費
です。
現行FITは、国産車小型HB車bPだと思います。
昨年、RSを購入したのですが、最初はHVも考えてましたが、試乗してみると迷うことなくRSを選択しました。
最近の日本人は、どうも燃費、価格、デザインの順で運転する楽しさ・乗り心地は、殆ど考えていないように思えます。
プリウス、アクアのデザインは、アメリカでは売れますが、ヨーロッパでは売れないので、ヴィッツ、オーリスのHVを販売してます。
FITは、どちらでも売れるデザインです。なので次期FITもこのデザインを継承して、進化してほしいと願います。
運転する楽しさを重視するなら、トランスミッションはドュアルクラッチとなるでしょう。期待してます。
Posted by tonpochi at 2012年11月14日 02:46
DCT
 VFR1200(200PS弱のフルパワー車)で色々やってたのが実を結んだ感じですね。700cc2気筒のDCTも格安価格で昨年から大量に市場投入でテスト中なので、一気に勝負に出る気かもしれませんね。

 ホンダ、楽しみになってきました。
Posted by たろ at 2012年11月14日 03:38
次期フィット 非常に楽しみですね。JC08や実燃費でアクアを超えてきて欲しいです。ホンダは各カテゴリーで燃費ナンバーワンを目指します。と宣言していましたし、アクアより約2年あとに発売の車なので超えて欲しいなと思います。
アクアは4mをきるコンパクトカーなのに空力を意識したトライアングルシルエットで1445mmに全高も抑えた良い車なので、フィットハイブリッドも頑張って欲しいです。
フィットは全高が少し高いので、デミオと同じくらいの1475mmくらいになると見た目も更にスタイリッシュになり、空力的にも良いと思います。
個人的にはトヨタが開発中のアクアよりひとまわり小さいFT-BHのような価格は250万円を超えるくらいと高めながら、徹底的に燃費に特化したスタイリッシュなスペシャルカーも是非発売して欲しいなと願っています。
JC08燃費で50kmを超えてくるような。
Posted by 土浦の裕紀(30歳) at 2012年11月15日 18:49
正直、WECでアウディの2ペダルMTがトヨタにぶっちぎられるの見て、やっぱ21世紀に入って今さら大昔の2ペダルMT引っ張り出して来て…とか
走りも快適性も負ける、時代遅れの技術だなと思いましたけどもね…。
http://www.youtube.com/watch?v=x57h9L_VSVE
Posted by Aaaa at 2012年11月19日 21:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。