toyotires
 


2012年11月26日

ザッカー12月号

今月号の表紙…どうでしょうか? 恐らくXaCARでBMWをメインカットにしたのは初めてかもしれません。輸入車の代表かつ国産スポーツセダンの“永遠のベンチマーク”でもあるBMW3シリーズ。

01
注目はクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「320d」の追加でしょう。2.0L直噴ディーゼルターボは184ps/38.7kgmというパフォーマンスを誇ります。ディーゼルの低中速トルクの太さはもちろんですが、高回転までシッカリ使えるのがBMWっぽい!? また、エンジン重量も重くなるディーゼルですが、BMW伝統の前後重量配分50:50は不変。走りに関しても妥協はなさそうです。

02
値段が高くなりがちなディーゼルですが、ガソリン車(320i)の20万円高に抑えるなど、コイツを選ばない理由がありません。聞くところによれば、発売以来ディーゼルの受注比率がどんどん上がっているとか!?そんな「ディーゼル」と「駆け抜ける喜び」の組み合わせは? その詳細は…今月の XaCAR12月号をご覧ください。
posted by polishfactory5 at 09:08| Comment(0) | 2011>素晴らしい記事!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。