toyotires
 


2012年12月09日

続リーフtoホーム

夕方「イーブイパワーステーションといいます」と電話があった。何だか解らなかったので話を聞いていたら、リーフtoホームの商品名だということだったと思い出す。続いて話を聞く。「ソフトの改良が完成しましたのでプログラムの書き換えに伺います。新しい機能も追加になりました。2時間ほどで完了します」。

新しい機能ってなんだろう、と思って聞いてみたら「満充電指定の再設定などが不要になったりしてます」。う〜ん。それは機能の追加とは言わない。機能の追加は? 返してみたら「私の間違いです」。またしてもスネークマンショーのような受け答えになってきた。ニチコン、面白過ぎる! もう笑うしか無い。

これは後で気づいたのだけれど、作業は手紙到着後1週間くらいでニチコンから作業日の打ち合わせの電話があると言ってたので、もしかしたらスネークマンショーの相手は「なおしやまたべえ」だったかもしれません。ただ以前電話くれたニチコンの女性も「使えます」。「壊れるかもしれません」。続いて‥‥。

「壊れた家電は保証してくれますか?」。「それは何とも」。「じゃ大丈夫ですか?」。「大丈夫です」。「壊れたという話を聞いていますが」。「そういったこともあると思います」で、延々ループになった。ニチコンの対応についてはディーラーの営業担当も怒っていた。プリンス荻窪店にもリーフtoホームが入っている。

使っていたら、突如本体から火と煙と音がして停電したそうな。ニチコンに電話したら担当者来て本体をチェック。すると焦げた跡があるにも関わらず「大丈夫です」と言ったという。これにはプリンス荻窪店もアタマに来たらしい。ユーザーからすれば「日産から買った」と思っているから事態は複雑だ。

果たしてリーフtoホームはキチンと安定して機能するようになるのだろうか? 今回は「ニチコンに任せておいたら10年掛かる!」とばかり、日産側で全てチェックしたらしいのでバッチリだと期待してます。ソフトのアップロードを受けたらレポートしたい。(国沢光宏)

posted by polishfactory5 at 19:16| Comment(3) | 電気自動車
この記事へのコメント
最新号のカーグラフィックにホンダのEV担当者が家に給電するのはEV本来の使い方ではないと言ってます、EVは発電機ではないと。
Posted by at 2012年12月10日 09:25
火が出た、煙が出たは最悪事象ですね。
自動車にあらず安っぽい家電でもそうならないように設計をしています。
ニチコンは一般顧客を相手なんかしたことがないから、試作機が壊れちゃったぐらいにしか考えていないのでしょう。
インフラに相当する機能を扱っている自覚が欲しいです。
Posted by ぱんだねこ at 2012年12月10日 16:53
あるストーりーを書きました。どこかで間違っていたらブログの記事等でご指摘頂きたいのです。

オール電化の家。ソーラパネルを設置しているので、昼間はなるべく電気を使わないようにしている。なので、電気温水器や蓄熱ヒーターは深夜電力を使用。おかげで電気料金の高い昼間の暖房やお風呂は深夜電力でまかなっており、その分余剰電力が多くなり売電につながっている。

ここで、リーフtoホームを設置。深夜電力を使ってせっせとリーフに電力を貯める。昼間はその電力を使うだけでなく、余剰電力となり、太陽光発電量だけでなく、より多くの電力が売電できる。
Posted by yiu at 2012年12月12日 13:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。