toyotires
 


2012年12月21日

ムーヴ進化!

ムーヴがマイナーチェンジを行った。見所は三つ。「値下げ」と「燃費向上」、そして「自動ブレーキ」を軽自動車で始めて実用化したことである。まず値下げ。部品などのコストダウンを再度徹底的に行い、何とベースグレードの『L』(107万円)で5万円も安くしてきた。ライバルであるワゴンRやN−ONEびつくり!

燃費の向上は、1)アイドリングストップ開始の速度を7km/hからワゴンRと同じ9km/hに引き上げたり、2)CVTの伝達効率(抵抗)を最適にコントロールするよう、エンジンの熱を使い、3)ポンピングロス低減のためEGRの量を極限まで増やすなどの細かい改良を積み重ねて29km/Lにした。

自動ブレーキは事前情報で紹介した通りレーザーレーダーと横滑り防止装置VSCの油圧ブレーキ系を組み合わせたタイプ(したがって自動ブレーキ装着車はVSCも標準装備になります)。車速20km/hなら完全停止出来る。VWアップや、マツダCX−5の自動ブレーキと同じだと思って頂ければいい。

ちなみに『L』グレードの自動ブレーキ付きは6万円高。上級グレードの『X』なら5万円高。違いはと言うと、Lの場合、自動ブレーキの他、チルトステアリングとシートリフターも付くから。この二つで1万円は猛烈に高いと思うけれど、小柄な人は便利な装備なので諦めるしかありません。(国沢光宏)
posted by polishfactory5 at 08:25| Comment(6) | ECO(経済)なクルマ
この記事へのコメント
いやー凄い進歩だしカスタムは措いといて、標準の顔つきもスッキリして売れるんだろなぁ。オプションがどうなってるか詳しく知りませんが、サイドカーテンエアバック選べたら完璧ですね。しかし…軽もここまできたら小型車だらしがないなぁ。維持費、(燃費だけじゃない)税金さえ安ければ車はまだまだ安いだけで買われてない証明ですね。税金やすくしたら税収増返ってえるのに…
Posted by さね at 2012年12月22日 15:38
まあ、ダイハツは中身トヨタだから、ホンダより実力が上の部品使ってるというプライドは有るでしょうね。
N-BOXの対抗がすっと出てくるダイハツとちょっと苦しいスズキって感じで差がでだしたですかね…?
経験論的には全く正しいエアロスタビライジングフィン、スバル譲りでトヨタに標準採用されだした部品、
あれ軽自動車で最も利くらしいですね。ダイハツの軽に標準搭載されないかなあ…?
Posted by at 2012年12月23日 02:17
大変ごぶさたしてます。
変なタイプU乗りです。いつも何かと参考にさせていただいてます。
ワゴンRの減速時のエンジン停止は13キロ以下ですよ。通常走行時はほとんど停止と同時ですが・・・
Posted by おし at 2012年12月23日 14:56
N ONE並みのパワーとトルクでこの燃費なら凄いのに、パワーとトルク落として燃費稼ぐなんて芸が無さ過ぎます。
こんなの進歩でも何でもないです。
目の肥えたユーザーならムーヴは購入対象外でしょう。
Posted by フェロー at 2012年12月23日 17:09
スバル・ステラの自動ブレーキはダイハツそのままでしたね…昨年の東京モーターショウの日立ブースの説明員は"カメラの間隔を狭くしたステレオカメラを開発中"と言ってました。私は勝手に軽自動車用と思い込み、期待してたのですが…10数年前の話ですが、ASVのデモイベントでスバルとダイハツのブースは隣になり、互いの技術者をデモ車に載せて意見交換してました。今回も仲良く協力し、それなりに良いシステムを作り上げた…と思いたいですね。
Posted by nogawa at 2012年12月24日 23:29
肝心要の自動ブレーキですが、ステラとムーブでは完全停止の許容速度に
違いがあると聞きましたが、これって本当でしょうか?
ムーブ=20キロ以下、ステラ=30キロ以下。
アイサイトで築いたイメージを守る為にスバル版は性能UPしている
との話。 こんな事あるのかな?
Posted by ガメラ at 2012年12月26日 02:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。