toyotires
 


2013年01月11日

電気バイク

電気自動車ならぬ「電気バイク」が話題に挙がるようになってきた。下の写真は『ZERO』と呼ばれる人気電気バイクの2013モデル。11,4kWhの電池を搭載し、最高速160km/h。航続距離160kmというスペックを持つ。絶対的な動力性能は250ccクラスをイメージすればいいとのこと。十分なパワーです。

zero.JPG

チャデモの急速充電器に対応しているこということで、20分充電すれば90%以上の容量まで回復するとのこと。バイクなら160km走れれば十分でしょう。20分くらいの休みは度々するし。電気を大量に食う暖房だって不要。いろんな意味でクルマよりバイクの方が電気向きかもしれません。

2012モデルは6kWh仕様と9kWh仕様があり、それぞれ122kmと183kmという航続距離となっている。ほとんど手作りとあってテスラ・ロードスターという同じくらいのプライスタグを付けているものの、まぁ先行者なら当然だ。日本のバイクメーカーなら既存の車体を使い、大幅に安く作れるハズ。

ちなみに電池が1kWhあたり3万円を切れば、11,4kWh搭載しても30万円。車体と合わせ60〜70万円で販売出来たなら、案外売れると思う。ちなみにバイクって燃費悪い。250cc級のスポーツバイクなら30km/Lくらいか? 1万km走ればガソリン代で5万円くらい。6万kmで30万円だ。

ガソリンエンジンの250ccバイクより20万円高くらいの価格設定が出来るなら、電気バイクの需要あるかもしれません。むしろ立ち上がり加速良いなど、電気バイクは楽しいかもしれない。早ければ今年の秋の東京モーターショーあたりで日本製の本格的な電気バイクが登場してくると思います。(国沢光宏)

posted by polishfactory5 at 08:00| Comment(2) | 電気自動車
この記事へのコメント
いつも貴重な情報ありがとうございます。
電動バイク、競技車両にも期待してしまいます。
広大な面積を必要とするロードレースコースよりも、もう少し狭くてもコース設定できるモトクロスやトライアル。
無音で走れば、コースがもっと市街地に近づき、もっとメジャーになれるかな?
日本メーカーの入魂作が早く見たいです。
Posted by 藤井 和哉 at 2013年01月11日 21:06
趣味性の高いバイクはエンジンの形式による音や振動を楽しむ部分も多いです。
電動になるとこの部分はなくなるか、演出として付加していくことになるのでしょうね。
モーター軸に可変のバランサーを付けて、
今日は直四、明日はV2、はたまたボクサーとスイッチひとつで切り替え可能に?
でもスピーカーからエンジン音出したらガックリでしょうね。
Posted by ヤス at 2013年01月12日 13:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。