toyotires
 


2013年01月17日

リーフ緊急値下げ!

昨年11月にマイナーチェンジを受けたばかりのリーフですが、日産は、突然4月に価格改定をすることを発表しました。今回の価格改定について、記者会見に現れた日産自動車の片桐隆夫副社長は「もっと多くのお客様に乗っていただくにはどうしたらよいか。さらなる普及拡大のために、『お求めやすさ』が必要であるという結論に達した」ということです。
001_2現在のリーフの価格に対して価格改定後のリーフの価格は以下の通り。

グレード/現在の価格/価格改定後
G / 406万350円 / 377万7000円
X / 368万4450円 / 340万1000円
S / 327万6000円 / 299万3000円

002_2 

実際の価格改定は4月であるため、2013年度のEV購入補助金がいくらになるかで、この購入価格も変動します。現在のところEV購入補助金の様子は全くわからないのですが、仮に来年度も2012年度と同様の補助金が出ると仮定すると‥‥。

現在の補助金繰り入れ後価格/同価格改定後
G 328万350円/299万7000円
X 290万4450円/262万1000円
S 249万6000円/221万3000円
となります。

この価格改定に伴い、日産では、すでにマイナーチェンジ車両を購入した方と、これから4月までにリーフを購入する方に、価格改定額相当の還元(日産ディーラーで、整備や部品購入等に使えるクーポン)を実施します。

なぜ、このタイミング? と疑問が残る価格改定ですね。(XaCARレポーター・青山義明)

posted by polishfactory5 at 16:03| Comment(5) | 電気自動車
この記事へのコメント
御推察のとおり、エコカー補助金打ち切りと円安基調を見越した日本と北米の販売テコ入れじゃないですかね?
まあ、それでも、あまりほしく無い感じが拭えずというか。
デザインは別にいいと思うんですけど、価格は趣味にしては高いなと思うし、信頼性安全性は未知数、さらに航続距離に縛られるし、
充電施設は見掛けないし、使い勝手が…、と技術的魅力も乏しく…、HVとHVユーザーを嘲笑していた
ミスタービーン、いや、ゴーン、のプライドの一品が消費者が必要な物とは180度逆だったという、まさにあのドラマを生で見ている気分です。
Posted by うーん at 2013年01月17日 19:33
日本では28万円の値下げ、アメリカでは54万円の値下げ。

この差はなぜでしょう。
電池の違いか。本気度の違いか?
Posted by ノーマルマン at 2013年01月17日 20:18
青山さん、今年もよろしくお願いします。

さて、緊急値下げ発表、自分もさっき知りました。
ゴーンさんがデトロイトで発表しちゃって
命が下りたんでしょうねぇ。
でも、私たちマイチェン前のオーナーも
それなりのお金を払って
データを提供してきたと思うんですけど。
年末のオーナーズミーティングってそのままやったら
あまりに厚顔だと思いますけど。
これでは、いつまた下がるかわかりませんから、
買いたい人もためらうことになりますよね。
もっとオーナーを大事にしなきゃって思いました。
はあ。ため息です。
Posted by applefanjp at 2013年01月17日 20:55
アメリカの販売価格に近づきましたね。
Posted by at 2013年01月17日 21:17
そういえばGSユアサのリチウムイオン発火報道ですけど、どうも機体側の切った仕様が間違えていたっぽい感じですよね。
バッテリー側が教えられていた標準の条件(仕様)より、きつい条件が常に掛かっていた様な感じですね。
昔、ブリジストンがファイヤストンを買収して、すぐにフォードが2ton以上ある2tonトラックより重いSUVに
シングルタイヤの細いの履かせて(トラックは後輪ダブルタイヤ)高速でバーストが頻発したのを、全部ファイヤストンのせいにした事を思い出します。
親父はカーメーカーでエンジン作ってましたが、フォードは嘘付きだって怒りまくってました。
何か似てますね。
Posted by at 2013年01月17日 22:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。