toyotires
 


2013年01月26日

i−MiEVパイクス

パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム2012に出場した三菱i-MiEV Evolutionといえば、先日東京オートサロンの会場で凱旋走行を行なったばかりです。が、さっそく今度はオートモーティブワールド2013の明電舎のブースに登場です。

001_3 
i-MiEV Evolutionは、市販のi-MiEVに搭載するモーターY4F1をチューン(最大出力47kWを80kwまでパワーアップ)した上で、フロントに2基、リアに1基搭載しています。

002_2 
せっかくなので、明電舎の担当の方にいろいろ訊いてみました。

「今年もパイクスピークに参戦されるということですが、モーターは変更するんですか?」
「三菱さんのほうに訊いていただけますか?」


「Y4F1ってもっとパワーアップできるもんですか?」
「そういったことにはお答えできません」


「昨年のマシンは一番大きなスポンサーステッカーでしたが、今年もメインですか?」
「ノーコメントでお願いします」


と、けんもほろろ、という状態でした。残念ですが、参戦発表を待つことにします。(XaCARレポーター・青山義明)

posted by polishfactory5 at 20:30| Comment(0) | パイクスピーク速報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。