toyotires
 


2013年02月01日

チャデモ粘る!

欧米で厳しい状況に追い込まれてしまった『チャデモ』方式ながら、どっこい日産は諦めていない。というか、現在アメリカで販売されている電気自動車の大半はチャデモ。加えてコンボは未だに最終スペックを公表していない。すでに走っているリーフを急速充電しようとすれば、チャデモしかないのだった。

もっと言えばリーフのアメリカ工場を立ち上げ、売ろうとしているタイミングなのにコンボはいつまで経ってもハッキリしない。ここでイッキにチャデモを増やして既成事実を作ってしまおう、という作戦なんだと思う。電気自動車を推進しようとしているアメリカ政府も、遅々として進まないコンボに対して不満あるという。

直近ではワシントンD.C.で大きな充電ネットワークを構築しつつある『eVgo』という企業に40基のチャデモ方式の急速充電機を供給する。ワシントンD.C.はエリアの広さ的にも電気自動車に合う。もちろん電気自動車の普及を進めようとしているオバマ政権の政府関係者も電気自動車に乗ることだろう。

チャデモ式の便利さを認識してもらえれば、現在の立場を逆転できるかもしれない。いや、そこまでいかなくても併用を認めてくれる可能性だってある。アメリカくらい懐が太ければ2つのタイプの急速充電器があったって何とかなるだろう。アメリカ政府からすれば「普及の早さ」も重要な課題なのだ。

残念なのは日本政府が全くバックアップしてくれないこと。東京電力&経産官僚を中心として構築した方式なのに、今や日産が先頭になって頑張っている状態。三菱自動車は台数少なく、アメリカで本腰入れる気無し。ホンダとトヨタのバックアップあれば大きなチカラになると思うけれど、未だ読めない。(国沢光宏)
posted by polishfactory5 at 09:41| Comment(1) | 急速充電施設
この記事へのコメント
ソニーがMDのコンポの生産をやめるそうです、時代の流れで音楽が配信やダウンロードに変わったため、テレビもビデオがDVDやブルーレイやHDDに変わってなくなった、不思議にカセットテープはまだ見かけるが、EVの充電も全く新しいものたとえば無接点式とかが出てくるのではそれでも世界統一規格が望ましが。
Posted by at 2013年02月02日 08:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。