toyotires
 


2013年02月03日

リーフの中古車

リーフの中古車が安い! しかも案外大量に出回っている。マイナーチェンジで初期型のディーラー試乗車中古車市場に出てきたんだろう。現時点で最も安いリーフは178万円! 180万円台なら色まで選べるほど多い! 走行距離3千kmなんて極上の”物件”も186万円。みんなディーラーの中古車部門です。

初期型を買った人からすれば「く〜っ!」という状況。というのも今手放すと、中古車相場から推測する下取り査定は150万円程度。しかも6年経っていないため、78万円の補助金を返済しなければならない。したがって手元に残るの、70万円くらい。2年で230万円も値落ちしちゃう。こらもう6年間乗るのみ!

閑話休題。中古車を買おうとしている人からすれば大チャンス到来だ。今回出回っているリーフが無くなれば、当分出てこないかと。前述の通り個人ユーザーは絶対手放さない。現在販売しているマイナーモデルは次の変更まで中古車として出回らないと思う。加えて中古車となっても、そんな安くないと考えます。

初期型リーフはマイナー後のモデルと比べ、航続距離が若干短かったり、ヒーターの消費電力大きかったりするものの、同じ年式のプリウスと比べれば圧倒的にランニングコスト低い。10万km走ってプリウスのガソリン代は90万円。リーフなら30万円である。片道40kmくらいまでの足として使うなら最高でしょう。

リーフのディーラー中古車は保証長い。28年秋または10万kmまで。同じ年式のプリウスだとナビ付きなら下を見て210万円。10万km走ると車両価格30万円の燃料コスト60万円で90万円も安い! というか180万円でリーフ買うのと、120万円でコンパクトカー買うのと総合コストは同じようなもの。(国沢光宏)
posted by polishfactory5 at 20:00| Comment(4) | 電気自動車
この記事へのコメント
LEAF to Home を考えると更に安く感じますね。一般家庭用蓄電システムを考えるとNECの新しいものでも 5.53kWh で100万円以上しますから、容量と価格、気軽に移動できる利点などを加えると非常に魅力的です。検討したいと思います。
Posted by oak at 2013年02月04日 01:12
いつも拝見しています。ところでリーフの補助金返金ですが、満額返金ではなく、減価償却した残りだけです。2011年8月登録なら50万円以下と思います。
Posted by リーフに乗ってます。 at 2013年02月04日 07:12
こちらのディーラー210万で2台売ってましたが、昨日ディーラーへ行ったら1台売れてました。
Posted by at 2013年02月04日 11:45
私も中古車買いました。 25,000km乗ったサクシードディーゼルの後継としてです。毎日100kmは必ず走るので、ランニングコストが低いのは本当ありがたいです。乗り心地や加速も今までとは雲泥の差です。買って良かった。
Posted by at 2013年02月08日 04:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。