toyotires
 


2013年02月05日

カッコ良い電気自動車

イギリスのデルタモータースポーツ社の「デルタE4クーペ」を、オートモーティブワールド2013の会場で見ることができました。

001_2 

これは電磁誘導方式ワイヤレス給電システム「クアルコム・ハロ」の紹介のために持ち込んだものです。玄関マットのようなゴムのマットの送電部と車両側に設置した受電部で、ケーブルを接続することなく充電をするものです。

002 


ここで出品していたのは3.3kWの送受信システム。クアルコム社では、他にも、ロールスロイス・ファントム102EXエクスペリメンタルEVへ7kWのシステム、さらにローラとドレイソン・レーシングによるローラ-ドレイソンB12/69EVというレーシングカーには、20kWもの送受信システムを搭載するなど、実用化へ向けた実証を進めています。

003 

このデルタE4、初めて見る車両でしたが、こんなスポーティなイメージのEV、他のメーカーからも登場して欲しいですね。(XaCARレポーター・青山義明)
posted by polishfactory5 at 08:00| 素晴らしい記事2013