toyotires
 


2013年02月06日

トヨタiRODO

ジュネーヴショーでトヨタは『iRODOコンセプト』という2人乗りの電気自動車を出展する。スペックなど全く公表されていないが、見た感じは前後に座るタンデム方式。ハンドルのサイズなど考えれば、全幅は120cmくらいだろうか。このままハンドル切れると思えないので、ステアリング系に何か秘密ある?


205e.jpg

ドアというより飛行機のような一体型キャノピーになっているかもしれない。空気抵抗は小さそう。電気自動車の場合、転がり抵抗の少ない細いタイヤ履き、空気抵抗も極限まで減らすのがセオリー。このコンセプトカーを見ると、電気自動車の王道を狙っているように思う。ただ商品になるかとなれば「いいえ」。

安く造れなければ意味無し。シティコミューターとして考えても、暖房や雨の日の除湿をしなければならない。屋根閉まれば冷房だって必要。なんのかんの装備を加えていくと、ボディサイズ小さくたって安くならないことに気づく。100歩譲って日本の超小型モビリティ用か。40万円なら市場あるかと。(国沢光宏)
posted by polishfactory5 at 08:00| Comment(0) | 電気自動車
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。